レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター 格闘飛龍 方世玉

おすすめランク 
原題:方世玉
出演:
リー・リンチェイ//ジェット・リー李連杰
ジョセフィーン・シャオ(蕭芳芳)
チウ・マンチェク(趙文卓)
ミッシェル・リー(李嘉欣)
チュウ・コン(朱江)
シベール・フー(胡慧中)
チェン・ソンヨン(陳松勇) 
アダム・チェン(鄭少秋)
ピーター・チャン(陳龍)
監督:ユン・ケイ//コリー・ユン(元奎)
1993年度作品

『少林功夫の達人の母、苗翠花(ジョセフィーン・シャオ)と人格者の父を持つ方世玉(ジェット・リー)は功夫の名手で正義感の強い青年。ある日、新参者の雷虎が娘の婷婷(ミッシェル・リー)の婿取りを賭けて開いた武術大会に出場した世玉は、雷虎の妻、李小環(シベール・フー)と戦って、あと一撃で勝利という寸前に婷婷が醜女なのを見てわざと負ける。

世玉が負けたことに怒った苗翠花は男装して”世玉の兄”と名乗り武術大会に出場して勝利した。婷婷と結婚させられそうになった苗翠花は逃げて、雷虎は嫌がる世玉を身代わりに連れていく。醜女は実は侍女で、本物の婷婷は以前から恋をしていた美女だと判り世玉と婷婷は晴れて婚約する。

そんな時に皇帝の家臣・九門提督(チウ・マンチェク)が広東を訪れた。反体制秘密結社「紅花会」の一員であった世玉の父は捕えられ、さらに李小環と世玉の親友が殺害されてしまう。怒りに燃える世玉は単身、父の救出に乗り込んでいくのだった。(DVDジャケットより引用)』

リンチェイが立ち上げた製作会社、正東製作有限公司の記念すべき1作目。リンチェイが黄飛鴻に続き、伝説の英雄“方世玉”をコミカルに演じたファン必見の作品!

本作は香港において、1993年の年間興行収入ベスト5にランクインした。また、第13回香港電影金像奨コリー・ユン(元奎)とユン・タク(元德)が最優秀アクション監督賞を受賞した。

方世玉が友人たちと警察に捕まった時の偽名。友人2人はコリー・ユン(元奎)とジェフ・ラウ(劉鎮偉)の名を使い、方世玉は、ワンチャイの将軍令が流れ、「黄・・・」とフェイフォンのお決まりのポーズしながら言いかけた後、「晶!」って言ったのはウケた(笑)。このオチは、バリー・ウォン王晶)のことね。

ワイヤーアクションと”地面に落ちたらアウト”というルールが見事にマッチした武術大会シーン。ほんと、楽しいんだよね。どんなに蹴りあっても、どつきあっても、飛びまくっても、地面に落ちることなく、観客の頭の上とか肩の上に乗っかってバトル継続(笑)

ジョセフィーン・シャオ演じる苗翠花のお茶目なキャラが好きだわ。西洋人の姿を真似ようとメガネに墨を塗ってサングラスにしてみたり、夫に見せようと巻き毛をやろうとしたら頭、燃えるし(笑)。夫に怒られ、ムクれていたら、夫が詩を詠んだ途端、体がガクッとなり、「アァーーン!イヤーーン!!」って体が反応しちゃうシーンには爆笑。ロマンチックな詩を詠まれただけで、うずいてしまう女子なんて、今は希少だろうな(笑)

方世玉と苗翠花が「やっ・たる・ぞ!」と共闘するシーンでの必殺技“無影拳”のアイデアは天才的。ほんとに、目にも止まらぬ早業をしているように見えたもの。CGを使わずになんと安上がりな(笑)

ギロチン処刑前の父を救いに方世玉が処刑場にやってくるシーン。方世玉が弓を10本同時に発射させ、その全てを10人に命中させる場面はテンションあがったな。

本作の特筆は、リンチェイVSチウ・マンチェクの新旧“黄飛鴻”の壮絶なバトル。中盤のしなりまくる竹の棒を使ったアクションといい、クライマックスの床下での“人形くるくる回転キック!”といい、見せ場の連続!

ラスト、いいとこ取りしたアダム・チェン演じる陳家洛は、金庸の小説「書剣恩仇録」に登場するキャラクター。陳家洛が属する秘密結社「紅花会」は、実在した秘密結社「天地会」がモデル。

ジョセフィーン・シャオは6歳の時に映画デビューという超ベテラン女優。60年代はアイドルとして活躍し、60年代だけで200本以上の作品に出演した。

DVDの特典映像。”必殺技スライドショーこれが無影拳だっ!”には首をかしげたな。あの特典を大喜びした人は何人いるんだろ?(笑)

ハリウッド進出前からのリンチェイファンの中にはボクと同じ想いの人がいると思うけど、”ジェット・リー”という名前が未だに馴染めないというか、受け入れがたい自分がいるんだよね(苦笑)。リンチェイはリンチェイだと。”ジェット・リー”は改まった席で使う感じ!?

学生時代にビデオで何度も観たなぁ。DVD発売されてからかなりの年月が経って、所持していないことに気づいて、あわてて中古を買ったっけ。ハッピー・ザ・ベストあたりで再販してほしいなぁ。