九龍の絆


おすすめランク 
原題:再戰江湖
出演:
チャン・シウチョン(陳小春
サム・リー李燦森
ジェイソン・チュー(朱永棠)
シェン・イージエ(盛以婕)
リウ・ウェイジョウ(劉威州)
監督:サイモン・チェン(陳思銘)
2021年度作品

『シャン(チャン・シウチョン)とアーナン(ジェイソン・チュー)、ラオリンの3人は黒社会から足を洗うことを誓った。しかし、堅気になろうとしている最中、ラオリンに組織のボス、タリーからヤクを運ぶ仕事の依頼が来る。ラオリンは断り、身を潜めていたが、アーナンと共にいた場所にタリーが手下を率いてやって来る。乱闘となったところにシャンが現れ、車でその場を離れるが、追ってきたタリーとカーチェイスとなり、結果、タリーが死んでしまうのだった。タリーの死に怒りに震える弟のジャーノン(サム・リー)は、彼らに復讐することを誓い、アーナンとラオリンを殺害、シャンの娘シャオヌオを拉致するのだった・・・。』 

シウチョンとサム・リーが出演してるので観たわけだけど、まーだ、こんなシナリオで映画作っとるんかいなって思ったな。2020年代の作品と思えんよ。びっくりしたな。

製作国が”中国”ってのでたまに遭遇する類いなんだけど、香港の知名度のある俳優を数人起用して、残りの出演者のほとんどは出演作が数作しかない本土の人を起用した作品。出番の多かったアーフォン役のシェン・イージエですら、本作含めて2作だけ。

シウチョンもジェイソン・チューも製作された年で、アラカンなのに、かなりムリしてる恰好なんだよね。老けた顔とのアンバランスが可哀想なくらい(汗)。シウチョンの髪型なんて勘違いレベル(爆)。若い頃にかっこいいとチヤホヤされ、だんだん年をとり、周りは変だと思ってるけど、キレられたら怖いので何も言わず、本人は周りがそんなこと思ってるなんて気づかないまま、アラカンになっちゃった感じ(笑)

あと、役柄も若い奴らがやるようなことをやってる感じが痛々しい。サム・リーだって、アラフィフなわけよ。そんな年になっても、これだけ復讐のためにイカレた行動するって役柄は違和感ありすぎる。「兄貴が死んだのは、あれだけ悪いことしてきたんだから、当然だよな。」って40代ならさすがに思うでしょうに。

そうだ、これはアラフィフのサム・リーが自分の命も顧みず、復讐のためだけにイカレた暴走行為してるのを楽しもうって割り切って観ればいいんだ。・・・もう、ホラーだよ(笑)

人身売買のアジトでのシーン。シウチョンVS大勢の対決・・・って書いてはみたけど、がんばってるなぁとしか思わなかったな(汗)。ドニーだったら、ワクワクするところなんだけど。

漁奴島でのシーン。いやいや、敵の人数と武装見たら、単身で何かしようなんて、ほぼムリでしょ。ハイリスクすぎる。まあ、映画だからうまくいっちゃうんだけど(爆)

サム・リーも頭がおかしいから、シウチョンを殺すために、単身、漁奴島に乗り込んでくるんだよね。なんで、全く関係のない輩に殺されるかもしれない場所にわざわざ行くかね?いっくらでも復讐するタイミングなんてあるはずなのに。2人が共闘して、武装集団を倒しているうちに、2人の間に奇妙な友情が芽生えるなんてまさかの展開になるのかと思ったら、違ったな(笑)

「それはないだろ。」って思ったのが、漁奴島にアーフォンが現れたこと。身売りする工作までしてシウチョンを漁奴島に行かせたのに、あなたはどうやって来たのよ!?

そもそも、序盤でシウチョンの仲間2人を死なせてしまったのがダメだったのよ。絆で結ばれた4人が人身売買の巣窟に乗り込んで行くでよかったわけで。そこで次々に死んでいくでいいじゃん、ベタだけど。

邦題に”九龍”がついてるけどムリクリすぎる。”九龍”だと断定できる箇所なんてなかったぞ?舞台のほとんどがタイだし、黒社会にいた頃の回想シーンで、仲間4人が共闘し、シウチョンが警察に連行される場面も九龍じゃないし。だって、うしろで見てる野次馬のほとんどがタイ系の顔だったもん(爆)

70年代から80年代前半に乱造されたワンパターンな脚本のクンフー映画を現代に置き換えた感じ。テロだの、陰謀だの、黒幕だの、潜入捜査だの全くなく、復讐のみだから、頭を使わなくていいので、酒飲みながらボケーっと観るにはよろしいのかと(笑)

九龍の絆

九龍の絆

  • ジョーダン・チャン
Amazon

 

九龍(クーロン)の絆

九龍(クーロン)の絆

  • ジョーダン・チャン
Amazon

 

スパイチーム

おすすめランク 
原題:神偷次世代
出演:
レオン・ライ(黎明)
スー・チー舒淇
チャン・シウチョン(陳小春
サム・リー李燦森
ミシェール・サラーム(鄭雪兒)
テレンス・イン(尹子維)
パトリック・ロン(龍剛)
アレックス・トー(杜德偉)
監督:ウィルソン・イップ(葉偉信)
2000年度作品

「イップ・マン」シリーズのウィルソン・イップ監督作品。

『それがどんな危険で不可能な依頼であっても、必ず遂行するスパイチーム、 マック(レオン・ライ)、バード(ジョーダン・チャン)、ソト(アレックス・トー)、サム(サム・リー)、 ミシェールミシェール・サラーム)の5人にある日、リー博士から依頼が舞い込む。 彼が発明した新薬の権利が横取りされようとしていたのだ。 リー博士から依頼を受けたスパイチームはマレーシアに飛び、製薬会社に潜入する。新薬とデータを盗みだしたが、それはフェイクであった! 絶対絶命のマックの前に謎の女ジュン(スー・チー)が現れる・・・(DVDジャケットより引用)』

「ミッション・インポッシブル」みたいなことをしてるけど、「ミッション・インポッシブル」の方がやっぱりおもしろいよなぁ・・・とブツブツ言って観てしまうような作品(笑)。現在のCG技術で、現在のウィルソン・イップ監督がセルフリメイクしたら、面白くできるかも。

あらすじをDVDジャケットからそのまま引用したけど、間違ってる箇所あり。スパイチームのメンバーとして、ソトがいるけど、リー博士から依頼が来た時点では、チームにはいないので。あと、”新薬とデータを盗みだしたがフェイク”ってところも、結果的に何も盗めずだったんだよね。・・・書いた人、さぞかし忙しかったんでしょうね(爆)

スパイチームのメンバーそれぞれの描き方が薄っぺらなので、感情移入ができなかったな。シウチョン演じるバードが話し始めたら飛行機の騒音で聞こえないってネタを2回もするくらいなら、キャラを深掘りするシーンがほしかった。

製薬会社潜入シーン。パスワードがタイ語ってのは困惑するわな(汗)。奪おうとしたものが本物じゃないってのは想定内だけど、スパイが侵入して操作したらシステムが爆破する仕組みなんて、製薬会社がするかね?ステークホルダーにどう説明するおつもりでしょ?(笑)

スー・チー演じるジュンが中盤から登場するわけだけど、謎多き女みたいな演出、必要だった?で、信用できるか全くわからないのに、リー博士の遺体の場所を教えたってだけで、レオン演じるマックが仲間に相談せず、チームに加えようとするのもわからん。こういう仕事って互いを完全に信用できて成り立ってるわけでしょ?ミシェールがジュンの肩に発砲した時点で、そんなの望めなくなったわな(汗)

スパイチームが持ってたひみつ道具は、てんとう虫型の偵察機、網膜データを複製してコンタクトレンズを作る装置、共振性の鎮静剤などなど。鎮静剤ってのは、旧KGBご用達だった(ほんとかよ)とか言ってて、これを水に溶かして飲んだら、外部から特定の周波数を当てると薬が反応し、一発でおねんねしちゃう代物だとか。・・・これを製薬会社が不眠症の薬に応用できたらぼろ儲けだな(笑)

試薬を製薬会社内であれだけのセキュリティで保管してたのに、隠し場所がバレたら、手持ちで逃げてるカン博士って頭悪いんかと(汗)。金になるってわかったら、ボディーガードでも簡単に裏切るでしょうに。死に際に「がっはっは」って笑ってる場合じゃない(笑)

サムとミシェールひみつ道具を足に装着して車から飛び出して、後ろの敵を銃撃するシーン。・・・着地した後は、ただのローラースケートだし(笑)

アレックス・トー演じるソトが、3年前にメンバーだった女性を死なせてしまったまま行方不明になった理由も説明ないし、マックを殺そうとする動機もわからんのよね。

クライマックス。マックとソトが木の上でごちゃごちゃやってるんだけど、あの、速いテンポのカット割りが、何をやってるのかわからなくさせててイライラしたな。3回くらい見て、「ソトの状態は、試薬入れてる筒に足を引っかけてぶらさがってるわけね。」ってわかったもの(汗)

このころの、これが精一杯だったCG技術で爆発してる炎の中からレオン・ライが木のつるにぶら下がって不自然に現れるシーンはやめてほしかったな。CG発展途上の頃って、こういう萎える演出があったよね(汗)

オランウータンの扱いも思いつきな感じ。中盤で野生に返したと思ったら、クライマックスで再登場して、マックとソトの生死を分けるような行動した時は「コントかよ!」って突っ込んでしまった。

エンドロール前に、劇中の該当シーンをうつして「お帰りの際は所持品をお忘れなく」「携帯電話の電源はつけて結構です」って”劇場前の注意”みたいなことしてたけど、「おもしろかったー!」って思ってない状態でやられてもしらけてしまったな。

未だにシウチョンをジョーダンって呼べないんだよね。フォン・ツイファン(馮淬帆)をスタンリーと呼べないのと同じ(笑)

公開時、かつてあった動物園前シネフェスタで観たっけ。きれいで、ガラガラ(コラコラ!)で鑑賞しやすい劇場だったっけ。あそこは正に”バブル遺産”だったな(汗)

昨年から、ゴールデンハーベスト社が配給した本作も含めた35作品を配給会社のハークがデジタル配信を開始。本作は現在のところ近日配信となっている。ラインナップ見たら廃盤になってる作品も含まれてるので、チェックしてみるとよろしいかと。

ゴールデン・ハーベスト | 株式会社ハーク

僕たちは天使じゃない!

おすすめランク 
原題:八星報喜
出演:
チョウ・ユンファ(周潤發)
ジャッキ-・チュン(張學友)
レイモンド・ウォン(黃百鳴)
チェリー・チェン(鍾楚紅)
ドゥドゥ・チェン(鄭裕玲)
フォン・ボーボ-(馮寶寶)
ウォン・コンユン(黃坤玄)
フェニー・ユン(袁潔瑩)
リー・ヒョンカム(李香琴)
マイケル・チョウ(周文健)
ローレンス・チェン(鄭丹瑞)
ウォン・マン(黃曼)
ティン・チン(田青)
チェン・マンハ(鄭孟霞)
ホイ・インサウ(許英秀)
チャーリー・チョウ(曹查理)
ウォン・サン(黃新)
監督: ジョニー・トー(杜琪峯)
1988年度作品

『性格の違う3人兄弟の恋愛模様を描いたラブ・コメディ。長男のファイ(レイモンド・ウォン)は、テレビ番組の人気司会者で、 番組で知り合った子持ちの女性ウー(フォン・ボーボー)に恋心を抱くようになる。次男のロン(チョウ・ユンファ)は恋人のピュウホン(ドゥドゥ・チェン)と結婚して身を固めるつもりなのだが、プレイボーイなのが悪い癖 。ある日、デパートの店員をしていたビューティフル(チェリー・チェン)に一目惚れしてしまう。三男のサン(ジャッキー・チュン)は、 公園で出会ったイェンイェン(フェニー・ユン)との間にほのかな恋が芽生える。3人はそれぞれの恋を成就しようと奮闘するのだった・・・。』

香港で長年にわたり、恒例となっていたレイモンド・ウォン製作の旧正月映画、記念すべき第一作。香港での興行収入は3700万香港ドルで、その年の興行収入1位の大ヒットとなった。

しょっぱな、ジャッキー演じるサンとイェンイェンが公園で出会うシーン。「坊やじゃないよ。」って露出狂が登場するところは、いろいろと不適切だな(汗)。

ユンファ、スチームしたり、卵白ぬったり、泥パックしたり、フェイシャルケアしまくってたなぁ。こういう類いって、効果が実感できないものもあるわけだから、ちゃんと自分で調べないとね。「有名人がやってるから。」とか「30分以内に電話しないといけないから。」で決めないほうがいい(笑)

ユンファ演じるロンが、チェリー・チェン演じるビューティフルへのナンパに失敗した後、ビューティフルの彼氏との金持ち見栄張り対決シーン。「あいやーあいやー」って言ってるユンファの仕草が笑う。はしゃぎながら、彼氏にロレックスの腕時計壊させたり、彼氏の親所有のポルシェに追突したりとビューティフル、暴走しすぎ(笑)

ユンファが買ってきた土産が鳩の丸焼き(汗)。日本では馴染みがなくて抵抗を感じるけど、普通に食べてる国はけっこうあるんだよね。

ドゥドゥ・チェン演じる客室乗務員のピュウホンをロンが空港に迎えに行くシーン。副機長にピュウホンが言い寄られているんだけど、副機長の顔が遠めで一瞬うつったあと、後ろ向きの会話シーンになり、初見では誰かわからなかったのよね。後半でチャーリー・チョウ(曹查理)だってわかったんだけど、”誰かは後半までお楽しみ!”みたいな演出、チャーリー・チョウには不要だろうに(笑)。フォン・ボーボー演じるウーの旦那役(一応、誰かは言わない。)にも同じ演出してたけど、やるなら、もっとサプライズなゲストにしてほしかったなぁ。

ビューティフルが勤務してたデパートって、かつて香港にあった東急百貨店だったってのは、今回の更新で発見したことだったな。

ロンがトラブルメーカーすぎ!弟の婚約パーティーにビューティフルを誘って、陰でイチャイチャしまくってるのはダメでしょ(汗)。フライトがキャンセルになったとピュウホンが現れ浮気がバレ、キレられてたけどロンみたいなタイプは”謝れば済むと思ってる人”だから「2度としない。」は信用しちゃ~ダメ(笑)

プールでの水中キスシーンは、ユンファもドゥドゥもしんどかっただろうなぁ。しっかし、ドゥドゥが着てた服の肩パットが、当時は全く変だと思ってないのが流行のおそろしいところ(笑)。元に戻せない流行ってのはヤバいよな(汗)。最近、小学生の間で美容整形が流行してるって記事読んだことあるけど・・・やめたほうがいいと思うよ(爆)

終盤の粤劇シーン。ジョン・シャム(岑建勳)、カール・マッカ(麥嘉)、リンゴ・ラム(林嶺東)、カム・コクリョン(甘國亮)といった香港映画人が観客席に。ジョン・シャムの隣にビューティフルがいたけど、ジョン・シャムに乗り換えかよ!?好みの幅が広いこと!(笑)。ユンファがあの役柄で客席にいるのは、大サービスシーンだったな!

ラスト、ビューティフルが女優になったってネタで、バス広告になってるのが、レスリーとチェリー・チェン共演の「殺之戀」。この作品もレイモンド・ウォンが製作。劇中でちゃっかり宣伝(笑)

本作は、香港で馴染みのスターたちが共演してワイワイやってるのを、旧正月に楽しむってコンセプトなわけで、ユンファしか知らないよりも、他の出演者を知ってからの方が楽しめると思う。

スパイクと、ユニバーサルからDVD化され、どちらも廃盤。ヤフオクとかでユニバーサル版はめったにみかけないな。動画配信サービスで鑑賞可能。

ユニバーサル版に収録されたレイモンド・ウォンインタビューによると、本作の脚本段階では旧正月映画ではなかったそう。「愛情の大混線」というタイトルで電話の混線から3つの恋愛が生まれるという物語。ちょうどその頃にシネマシティで次の旧正月映画用の作品がなかったため、本作が旧正月映画として製作されることに。

張學友出演作をブログに書く度に悩まされるのが、”ジャッキー”問題(笑)。日本では、”ジャッキー=成龍”って人が大半だから、”チェン”のほうが出演してると勘違いしちゃう人もいるみたいで。といって、フルネームよりもユンファ、アンディ、レスリーのように書きたいしなぁ。で、区別するために、今後は愛称から”歌神”ジャッキーとすることに決定!(笑)・・・過去に書いたのも修正しないといかんな(汗)

日本での劇場公開は、1992年に「チョウ・ユンファ・シネマ・フェスティバル」と題して、本作と「ゴールデン・ガイ」「パラダイス・パラダイス」の3作が短期間上映された。

邦題に”!”をつけるか否かは、劇場公開時とVHSではついていたので、そちらを尊重いたしました。

↓本作を観る度、オープニングから楽しい気分にさせてくれる”歌神”ジャッキーが歌う主題歌「人人望放假」。