かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート

おすすめランク 
原題:龍虎門
ドニー・イェン(甄子丹)
ニコラス・ツェー謝霆鋒
ショーン・ユー余文樂
ドン・ジェ(董潔)
チェン・カンタイ(陳觀泰)
ユー・カン(喻亢)
リー・シャオラン (李小冉)
ユン・ワー(元華)
シン・ユー(行宇)
監督:ウィルソン・イップ(葉偉信)
2006年度作品

香港で1970年代から続いている人気カンフー・コミック「龍虎門」をドニー、ニコラス、ショーン・ユーの主演で映画化した作品。

今日、テレビ欄見たら、テレビ大阪で昼12時から本作が放送されるってので、びっくりしたな。やりますな、テレビ大阪さん。そして、ありがとう、テレビ大阪さん。ランチタイムにザッピングし、ドニーやニコラスのバトルシーンを偶然観て、「スゲー!かっこええー!」と興奮し、香港映画ファンになってくれた小中学生が数人くらいいることを大いに期待する(笑)。

『親と生き別れ、行き場を失くした子供たちが最後に流れ着く場所「龍虎門(ドラゴン・タイガー・ゲート)」。ここで生まれ育ったタイガー(ニコラス・ツェー)は、ある日、ヌンチャクの使い手ターボ(ショーン・ユー)と共に、秘密結社“江湖”一味との戦いに巻き込まれてしまう。壮絶な戦いを繰り広げる中、タイガーは圧倒的な強さを持つドラゴン(ドニー・イェン)が、幼い頃に生き別れた実の兄であることを知るのだった・・・。』 

しょっぱなのニコラスと大勢のバトル。ニコラスの蹴りがかっこよすぎ!!今日の放送時にチラっと観始めたのがこのシーンからだったけど、止まらなくなったな。・・・って、CMが挟まれるのがウザくなって、途中からDVDに切り替えたけど(爆)。

日本料理店での壮絶なバトル。カメラワークが真上から撮影したりと斬新だったな。ドニーが連続バック転して大勢の敵を振り切るシーンは「スゲー!」って身を乗り出してしまった。前髪がブワーってなびくとか、バトル終了後に壁に刀が刺さりまくってライトで光ってるとか、かっこいい演出 。

龍虎門で子供たちが訓練してるシーン。中国雑技団のような技を披露してる子供たちがうつってる中、無数の釘の上に背中から乗り、おなかに石をのせて上からハンマーで石を割られるという「ビックリ人間大集合(←昭和だな(笑))」とかに出てきそうな子供が登場。石を割った後、気合を入れてるのか、おなかをクネクネ動かしてるときの表情がなんかおかしかったな(笑)。

球場でチェン・カンタイ演じるマーが殺された直後に娘のシャオリンがマーのそばに行ったのは「おいおい、そこは逃げないと。」と突っ込んだな。すぐにドニーが助けにきたからよかったけど。この時の棍棒を使ったドニーのアクションもすばらしい。

ドン・ジェ演じるシャオリンが重傷を負ったタイガーたちを助けるために無数の数珠の玉を拾うシーンや、タイガーたちが必殺技を修行するシーンの演出がよかったな。短時間のシーンだけど、かなりの時間を要したのが充分に伝わる演出。

敵の火雲邪神シブミの声をルイス・クーが担当してるってのは、今日まで知らなかった。

ラストのバトルは見応えあり!CG使用率の低いガチンコバトルを繰り広げてくれたので、マンガが原作ってこともあり、18ドラゴンパーム、ゴールデンマスク、ドラゴンドリルといったモロCGを使った必殺技が出てきたけど、不満や違和感なく観ることができたな。これを、アクションがロクにできない俳優がCG満載でやってたら、「そりゃCG使ったら、誰でもできるわ!」って文句タラタラだっただろうな(笑)。

邦題の「かちこみ」なんて言葉、本作が公開されるまで、ワルじゃないから聞いたことも使ったこともなかったな。意味不明だったし。調べたら、反社会的勢力が複数人で敵対する組事務所を襲撃することを意味することのようで。そんな大多数には必要性もない俗語、わざわざ邦題に使うなよって思ったな。・・・まあ、「かちこみ」って検索すれば本作がすぐにヒットするメリットはあったけど(笑)。

劇場公開時、神戸三宮の劇場で日本語吹替え版を観たっけ。本作を観るたび、一緒に観に行き、数年後に他界した仲良き友のことを思い出すなぁ(涙)。

八寶奇兵

おすすめランク 
原題:八寶奇兵
出演:
ディーン・セキ(石天)
サンドラ・ン(吳君如)
エリック・ツァン(曾志偉)
フォン・ツイファン(馮淬帆)
チン・シウホウ(錢小豪)
リウ・ワイホン(廖偉雄)
ロイ・チョン(張耀揚)
チンミー・ヤウ(邱淑貞)
アン・ブリッジウォーター(柏安妮)
シン・フイオン(成奎安)
カワ・ワイ//ベティ・ウェイ (惠英紅)
チャーリー・チョウ(曹查理)
監督:クラレンス・フォ(霍耀良)
1989年度作品

かつて開局していたMATVムービーアジアで放送された作品。ディーン・セキが製作総指揮、主演ってことで期待はしてみたものの、展開は行き当たりばったりだし、放送時の字幕の翻訳がひどくて、頭痛がしてしまうレベルだったな(汗)

大雑把にストーリーを。返還前の香港。香港で逮捕される寸前に中国本土に逃亡した黒社会のボス、ロイ・チョンが、「香港で大きな商売をする。」と本土で出会った、それぞれなにがしかのスキルを持つ7人(ディーン・セキ、サンドラ・ン、フォン・ツイファン、エリック・ツァン、チン・シウホウ、チャーリー・チョウ、リウ・ワイホン)をスカウトし、ある計画を実行しようって話。

ロイ・チョンを逮捕するために、警官のベティ・ウェイ、アン・ブリッジウォーターらがアジトを急襲するシーンは「レディ・スクワット」なんかを観てる雰囲気。

ロイ・チョンが胸の痛みを治療しようとフォン・ツイファン演じる気功の先生に診察を受けに来るシーン。ツイファンはエリック・ツァンを患者に仕立て、日常的に詐欺行為をして稼いでる設定。エリックが歩けないとやってきて、気功で回復させるのを見たロイ・チョン。エリックに「俺がおまえの脚を今から折ってもすぐに治るわけだな。」って脅してる(笑)

公安役のディーン・セキとサンドラ・ン。酒場での乱闘騒ぎの通報でやってきて、サンドラの得意技として、連続七蹴りってのをやるんだけど、この技を披露したのがこのシーンだけ。こういうことが伏線にならないところが、行き当たりばったりなんだよね。

ラストが尻切れトンボになるんだったら、尺稼ぎシーンのどれかはカットしないと。長々とリウ・ワイホンにうまくもないのに歌わせてたり、ロイ・チョンがメンバーに計画の一部を発表しようとすると、ディーン・セキが「私に当てさせて。1分考えさせて。」と言いながら夜から明け方まで考えてたり、晩飯抜きのメンバーを決めるのに、ツイファンとエリックがジャンケンでどっちが何を出すか言い合ってたり、晩飯を食べられなかったエリックがディーン・セキの催眠術でハーレム状態になってたり、赤ちゃん連れのチャーリー・チョウが、泣き止まないからって自分の乳首を吸わせて喘いでたり、どうでもよすぎるシーンが多すぎ!

香港に着いてからロイ・チョンがメンバーに話した計画が銀行強盗。真の計画はメンバーに銀行強盗させ、警察が手薄になった間に、ロイ・チョンら別働隊が金持ちの地方議員の妻を誘拐して身代金を要求しようというもの。メンバーが7人もいるのに、1人も大きな商売の具体的な内容を香港に着くまでに探ろうとしないのが不思議。ロイ・チョンなんていかにも悪キャラなんだから、疑いもなくひょこひょこ香港までついてきちゃダメでしょ(笑)

そもそもロイ・チョンにスカウトされたメンバーたちって、弱みを握られてるわけでもないし、報酬を約束されてるわけでもないのよね。なのに、ロイ・チョンの命令に素直に従ってることがよくわからない。メンバーになった動機って、現状を打破したければ、資本主義の香港に行けばなんでもできるよって言われただけ。だから、香港に不法入国が成功して、犯罪に加担することがわかった時点でさっさとトンズラしちゃえばよかったじゃん(笑)

最後のロイ・チョンを倒すところは、びっくりしたな。いきなり何の伏線もなく、ディーン・セキが金属の棒を振り回し高速回転させて、ロイ・チョンに投げつけ、シウホウとベティ・ウェイの共闘であっけなくロイ・チョン敗北。で、主役でもなかったベティ・ウェイが立ち去るところで静止画になってエンドロール。・・・尺が足りたから強引に終わらせた感がすごい(笑)

充足感が全くない状態で、エンドロールで楽しそうなNGシーンを見せられても(汗)

石天(ディーン・セキ)創作組というクリエイティブユニットが脚本を書いたけど、このユニットで脚本されたのは本作のみ。この脚本の出来では解散するわな(笑)

英題の”They came to rob Hong kong”ってのも内容に即してなかったな。返還前の作品だから、”彼ら”を”中共”と暗喩したかったのかもしれないけど。

キャストは個性的なキャラが揃ってて、面白くできたはずなのに、なんでこんな仕上がりになってしまったのかね。・・・って、もしかしてまともな翻訳、さらには「食神」みたいな”セリフ完全翻訳字幕”だったら、実は面白かったりして!?(爆)