ブレイブ 大都市焼失

おすすめランク D

原題: 烈火英雄

出演:

ホアン・シャオミン (黃曉明) 
ドゥー・ジアン(杜江)
タン・ジュオ(譚卓)
ヤン・ズー(楊紫) 
オウ・ハオ(歐豪)

監督:トニー・チャン(陳國輝)

2019年度作品

『リーウェイは最年少で消防隊・隊長となり、勇気あるリーダーシップで数々の栄誉に輝いてきた。今日もレストランの火事を持ち前のリーダーシップと能力で消し終えた彼は、経験を積ませるために現場検証を若手の消防士に任せて、その現場を離れる。しかし、経験の浅いその消防士は、現場に残されたガス爆発の兆候に対応できず、爆発により死んでしまう。リーウェイは、この失敗により地位をはく奪された上、更に除隊を迫られ、失意の日々を過ごすことになる。

そんなある日、世界でも最大規模の石油コンビナートで火災が発生、家族と共に休日を過ごしていたリーウェイは、火事の連絡を受け、現場に向かう。火事は化学物質の都市部への拡散の危機も招いており、もし、それに引火したら、800万もの人間が即、焼死するという人類が体験したことのない災害となる。この恐ろしい状況でリーウェイは究極の選択を迫られる・・・(インターフィルム公式サイトより引用)』

火災シーンは実写もあってまあまあ迫力あったのに、消火活動に関わる人々の行動に疑問符がついてしまい、残念な仕上がりになってしまったな。

序盤のホアン・シャオミン演じるリーウェイ隊長が、火災の起きたレストランの消火後のチェックを若手に任せたのは判断ミスではあったけど、その後に周りから「人を死なせた。」って白い目で見られるのはどうかと思ったな。他の消防隊員だって、将来的に同じミスを犯す可能性があるわけだし。そもそも消防士ってそういうリスクがある仕事なわけで。

度々出てくる「臆病者」ってフレーズが気になったな。そりゃ、あんな火災が起きたら、臆病にもなるがな。危険を察知した隊員が「退避しろ!爆破するぞ!」って説得しても「俺は臆病じゃない。」って言って、爆破に巻き込まれた隊員がいたけど、そいつは危機回避能力なしで消防士失格だろ。別のシーンでも、ある隊員がリーウェイを掴みながら、救護室にいる重傷を負った隊員たちを見せて、「彼はヒーローだ。彼もヒーローだ。なぜ、退却させた?おかげで臆病者だ。お前が上にたったら、みんな無駄死にだ。」って罵ってる。・・・罵った奴の部下にはなりたくないな。それこそ無駄死に(笑)。

化学プラントにつながるバルブを閉じるため、制御室が爆破したために、手動で閉じないといけなくなるシーン。手動を想定してなく、8000回転も回さないと閉じない設計になってる(汗)。・・・あの国ならありえそうな事だな(笑)。

で、リーウェイは8000回も回さなきゃいけないのに、回してる途中で、家族の写真が燃えそうになり、じっくりとその写真を見ている。・・・一刻を争うのに、そんなことしてる場合じゃないでしょ!。

「突き進め!」と炎に向かい、消火活動してたら、火が後ろに回り、ホースが燃えて使用不能になってる(汗)。・・・そんなことになるのは、想定内だと思うんだけど。バカ揃いですか?(笑)。

炎に囲まれ、死を覚悟したのか、スマホに隊員一人一人、家族へのメッセージを録画している。・・・あの~、大惨事になるので、そんなことしてないで、消火方法を考えてくれませんかね?(笑)

司令室にいた女性の彼氏が殉職したのを知った司令官が、泣きじゃくる女性に向かって、「おい!行け!!」と、彼氏の遺体のそばに行くよう命令してる。・・・緊急事態ですよ。「おい!任務に集中しろ!」ってのが、普通だと思うんだけど(笑)。

殉職した隊員を見て泣く女性のそばで何人もの隊員が暇そうに座っている。・・・他部署が忙しくても知らんぷりの、よくある会社の光景(笑)。

パニック映画観てて、「そんなことしてる場合じゃないだろ!」って突っ込みばかりなのは、パニック映画としてはダメなやつ(笑)。

港の社長みたいに自己保身になって、ギリギリまで肝心なことを言わない人って、あの国では根深く存在すると思うよ。だから公になった時はかなりヤバいことになってる。

邦題の副題は後ろに”!?”をつけなきゃダメだわ。都市は焼失してないし。

本作は、2010年に大連で発生した石油パイプラインの爆発事故を元にしている。記事では「事故原因は、石油タンカーからの原油の荷卸し作業を中断した後も、業者側がパイプラインに強い酸化剤を含む原油脱硫剤を注入しつづけたことにより、パイプラインの爆発を誘引。死傷者は出ていないが、火は15時間も燃え続け、事故現場の石油輸送設備がひどく破損したほか、周辺海域も汚染された。」と書かれている。2014年にも同じような爆発が大連であったようだけど、ヤバすぎるだろ。最近、原発事故もあったし、大丈夫かいな?

この作品、実際に働く消防隊員が観たら、「いやあ、ムリムリ。」とか、ボク以上に突っ込んでるだろうな(笑)。

ザ・フェイタル・レイド 特殊機動部隊

おすすめランク 

原題:不義之戰

出演:
パトリック・タム(譚耀文)

マイケル・トン(唐文龍)

ジェイド・レオン(梁琤)

ジーナ・ホー(何佩瑜)

リン・ミンチェン(林明禎)

ハイディ・ユー(余曉彤)

クリスティ・ヨン(楊恭如)

監督:ジャッキー・リー(李志倫)

2019年度作品

『1998年、マカオ。香港から密輸された大量の武器を追って、香港警察の秘密部隊が極秘にマカオ暴力団の輸送トラックを尾行していた。しかし重火器で武装したギャングたちの返り討ちにあい、警察隊は全滅。かろうじてタム警部と女性特殊部隊のジェイドが生き延びたものの、極秘作戦だったため、警察によりこの事件の全ては闇に葬りさられた。

そして20年後の現在、心に傷を負ったまま警察の任務を続けるタムとジェイドは、香港警察代表の護衛のため再びマカオへと足を踏み入れることになった。同行するのは女性特殊部隊の若手、アルマとジーハン。それにマカオのエリート婦警トンユーが加わる。滞在数時間の楽な任務のはずだった。しかし突如、代表の乗り込んだ車に謎の車が激突してくる。20年前の悪夢の再来か? だがこれは壮絶な復讐戦の単なる前触れにしか過ぎなかった・・・。(竹書房公式サイトより引用)』

序盤にテロップで「仲間が犠牲になり、責任逃れした連中は昇進。これがこの世の正義か?」なんて表示され、タム警部が正義を口にしてたから、正義のためにどんな行動をするのかが焦点なわけだけど、終盤まで明らかにならないのよね。で、何をしたかというと、犠牲になった仲間の賠償金の代わりに、社長の息子を誘拐し、ビットコインで身代金を要求(爆)。あんたの正義ってそれかよ!(笑)。てっきり上層部によって闇に葬られた事件を世間に暴露するために、20年かけて綿密に計画してきたことを行動にうつすって展開になるのかと思ったのに。まあ、タムがどんな行動をするかの答えは、原題の”不義”という言葉に表れていたわけだけど。

タムの病的なトラウマっぷりはヤバかったな。20年もこんな状態で警官でいたことが異常。だって、銃撃戦してたら、相手が婦警なのに20年前の敵と錯覚して、叫びながら銃をぶっ放しちゃうのよ。完全にキ○ガイだろ(爆)。

20年前にジェイドが仲間を誤射してしまい、その仲間がジェイドの撃った弾丸を頭に残したまま敵として現れるんだけど、生死は確認しなかったの?見舞いもしてなかったわけ?トラウマになっていながら、傷つけた仲間がどうなってるかも知らなかったなんて、そりゃ、恨まれるわ。

逮捕された仲間が移送されるところをタムが連れ去るシーン。警察署の前で、ジェイドもいて、身元がバレたらまずいのに、タムは覆面もせず急襲して、ジェイドを車で轢いちゃってる(爆)。

タム警部のトラウマぶりなんかより、女性特殊部隊をもっとクローズアップすればよかったのに。ジーハン役のリン・ミンチェンは可愛かったけど、他のメンバーは魅力薄だったな。モロ修正してる人もいたし(←誰とは言わない(笑))。

銃撃戦が全く緊張感、迫力がないのよね。スタイルいい女子たちに銃を持たせてるってだけの印象。で、スタイルいいのを見せたいからか知らんけど、撃たれたら体がぐちゃぐちゃになりそうな重火器を敵が持ってるのをわかってるのに、ヘルメットやゴーグルなんかも装備せず、太もも見えた格好で防弾チョッキしてアジトに侵入してる(笑)。

笑ったのが、昼間にバトルしていたら、急に映像が加工されて、空が真っ暗になりバトル継続、そしたらまた昼間に戻ってる。演出上、加工する意味もないシーンだったから、撮影が夜までかかったのをごまかしちゃったってこと(笑)。

終盤の銃撃戦の途中で、マカオの男性警官が「俺の妻よー!」って唐突に登場するコメディパートは眉をひそめたな。何がしたいんだ?

ジェイド役が誰かと思ったら、「黒猫 BLACK CAT」のジェイド・レオンじゃん!20年前と現在をジェイドに両方やらせるのはかわいそうだわ。ムリがありすぎる。20年前のシーンなんて、完全に若作りババアと化していて、「化粧、濃すぎ!」としか呟かなかったし(笑)

本作をなんと表現したらいいか。”新世紀香港B級アクション”とでも呼ぼうか。映像技術や画質は格段に向上したのに、人間の能力、才能はそれほど向上してなく、ストーリー展開、演出は前世紀に量産された香港B級アクションのままって感じだったな(笑)。

燃えよデブゴン TOKYO MISSION

おすすめランク 

原題:肥龍過江

出演:

ドニー・イェン(甄子丹)

ニキ・チョウ(周麗琪)

テレサ・モウ(毛舜筠)

バリー・ウォン王晶

ルイス・チョン(張繼聰)

アンソニー・チェン(陳友)

ユー・カン(喻亢)

竹中直人

監督:谷垣健治

2020年度作品 

劇場で観たかったが、こんなご時世のため、ソフト化されるまで待っていた作品。こんなご時世なので、購入ではなくゲオでレンタルしたんだけど(←ご時世、関係ない(笑))。

『熱血刑事フクロン(ドニー・イェン)は、ある事件をきっかけに現場から証拠管理の部署へ異動。さらに事件を追うあまり大切な約束をすっぽかし、婚約者に見放されてしまう。外回りがなくなったことと暴飲暴食がたたり、半年後、フクロンはポッチャリ刑事“デブゴン”になっていた!!しかし、その外見とは裏腹に並外れた身体能力と正義に燃える心は消えていなかった。
容疑者を護送するため日本に降り立ち、日本の遠藤警部(竹中直人)と協力し、新宿歌舞伎町、築地市場、そして東京タワーなどを舞台に巨大な陰謀に立ち向かう!!(公式サイトより引用)』 

期待した以上におもしろかった!ドニーが楽しそうに演技してるのもよかったな。

ドニーがかつての活躍を語る回想シーン。「導火線」と「SPL」の映像が出たのは笑った(笑)。特に「SPL」のパロディシーンは、ロケ地の路地裏で撮りなおしたそう。

歌舞伎町のシーンはスタジオでのセット。歌舞伎町でロケしてたら、あんなアクションできるはずもないから、これはセットが正解。20年以上、歌舞伎町なんて行ったことがないから現状は知らんけど、町の真新しさには違和感があったな(笑)。

いくらドニーでも120kgも体重あってあんなアクションしたら、現実では汗だくで息切れがハンパないし、動きも鈍くなるはずだから、アクションの途中で酸素吸入するとか、痩せてた頃には完璧だったキックを外して「あれ~?」とか、そんなコミカルシーンがあってもよかったかも(笑)。

築地市場でのアクションシーンは、なんかジャッキー作品観てるようなコミカルアクションでドニーがやってると思うと新鮮だった。

ラストのタイマン勝負は見応えがあったな。東京タワーのレストランから外の骨組みへのバトル展開もいい。ちょっとヘリが邪魔だったけど(笑)。敵の島倉役の丞威は、石原プロ次世代スター発掘オーディションで準グランプリを受賞した人。劇中、「ニコラス・ツェーに似てる」とか言われてたけど、アクションもできてイケメンだし、今後、オファーがあるだろうな。

よくわからんシーンだったのは、警察署内で、ドニーが大声出したら、周りが「シー!」ってやるところ。あと、竹中直人にヅラネタさせてるのも、笑いのツボがずれてる気がした。

ドニーの恋人、ニキ・チョウ演じるホーイのキャラが印象悪すぎ。揉め事起きたら、「私が悪いって言うの?」を連発。・・・自分が悪いってわかってるくせに、こういう聞き方してくる人、めんどくさいから関わりたくない(笑)。

バリー・ウォンの吹替えを水島裕さんが担当。バリー・ウォンの役がサモ・ハンだったら完璧だったけど、とりあえず、日本語吹替えでは新旧デブゴンの共演が実現ってことで(笑)。

シリーズ化して、バンコクミッションとか、ロンドンミッション、喜連瓜破ミッション、野江内代ミッション(←なぜか谷町線難読駅(笑))とミッションコンプリートしつつ、フクロンとホーイのその後を描き、フクロンのダイエットが完了するときを完結編にしたら楽しいかも(笑)。まあ、ドニーが毎回、4時間くらいかけて、特殊メイクするの嫌がるだろうけど(笑)。

本作の公開にあわせて、元祖「燃えよデブゴン」のDVD、Blu-ray化を期待したんだけど、ダメだったか。かなり激アツタイミングだと思ったんだけどなぁ。