新・ドラゴン危機一発

おすすめランク D

原題:新唐山大兄
出演:
ドニー・イェン(甄子丹)
アテナ・チュウ(朱茵)
ユイ・ロンクワン(于榮光)
チャン・チンパン(陳展鵬)
監督:ドニー・イェン(甄子丹)
1998年度作品

ドニーの暗黒時代と勝手に思っている時期の作品(笑)。

『ある貧しい村に診療所を開業するため、トン・サン(ドニー・イェン)と助手のボン(チャン・チンパン)がやってくる。ある日、その地域を牛耳るフータウ団がカジノ建設のため、村人に立ち退きを要求する。村人が拒否したため、乱闘が始まり、ボンが我慢しきれずフータウ団と対決、見るに見かねたトンも参戦するのだった。

フータウ団のボス、ユー(ユイ・ロンクワン)には妹のシン(アテナ・チュウ)がいて、しゃべることのできない障害を抱えていた。シンの病状を知ったトンは、彼女を手術し、シンは話せるようになる。そして、二人は次第に惹かれるのだった。

ある日、村に住む複数の子供が、内臓を摘出された状態で水死体となって発見される。トンは、犯人の手掛かりを掴もうと動き始める。トンの動きを知ったユーと黒幕は、でっちあげてトンに罪を着せようと、陰謀を企てるのだった・・・。』

ドニーは、本作と同時期に製作していた「ドニー・イェン COOL」で発生したトラブルが背景にあり、あまり乗り気ではない状態で、本作の出演を決め、監督と主演を務めたそうだが、その乗り気でないのが、充分に伝わってくる仕上がりだったな(汗)

序盤のフータウ団が立ち退きに応じない村人とバトルするシーン。短いカット割りや、顔のアップを多用してる時点で「あー、粗悪作品だぁ。」と呟いてしまった。

キャストはメインの4人以外は、全て本土の人。出演シーンの多かったシンの看護役や、ユーの部下役ですら、これまでに本作含めて2作しか出演作がないようなレベルの見知らぬ人を起用。・・・予算を削りまくってるよな(笑)

子どもたちが水死体で見つかるシーン。全員、目を開いた状態なんだけど、複数人がワンカットでうつるシーンで、カメラが動く際に、若干、1人だけ目が動いたのは、それはそれはコワかった(笑)。

本作のアクションシーンは、後ろ向きの人物が替え身なのは当たり前で、引きのシーンの多くも替え身。ユイ・ロンクワンがドニーと握手するシーンですら、顔が丸見えなのにロンクワンじゃない(汗)。「もう、見えてもええんちゃう?」って開き直ってるのが垣間見える(笑)

終盤で、ユーの部下が誤って、シンに致命傷を負わせてしまうシーン。フータウ団では、絶対やってはいけない掟のようで、ユーはその部下を殺害。すると、周りの手下が集団で、その死体をボコボコ蹴りまくってる。・・・怪しい宗教団体かと思うくらい、なんか気持ち悪い演出だったな(汗)。って、そのボコボコシーン、↑の動画ではカットされちゃってるし。

本作で最大級にびっくりしたシーンは、クライマックスのドニーとロンクワンのガチンコバトル。ドニーに連続蹴りしてるシーンで見えてはいけない物が(笑)。”以手代脚”と呼ばれる、腕と手にズボンと靴を履いて、脚に見立てて蹴りのシーンを撮影するのは、香港映画ではよくやるけど、それをやってる人物の顔と上半身が、一瞬、うつっちゃってるのよ!(爆)。これをうつしたら、絶対ダメでしょ!

発売時に購入し、未だに読み返してる谷垣さんが書いた「燃えよ!!スタントマン」に本作の裏話が書いてあったけど、興味深かったな。製作は黒社会系の製作会社。この会社が1996年に「古惑奇兵之兵行險著」を製作した際、本土で撮影したフィルムが使い物にならず、大損。本土側で関わった会社が賠償金を払えないため、次作でスタジオ、フィルム、スタッフを格安で提供し賠償する約束になり、そういった経緯で製作されたのが本作。ドニーたち香港スタッフは香港と四川を何度も往復し、格安ギャラで携わることになった本土側スタッフは働かず、いろいろ大変だったそう。

その「古惑奇兵之兵行險著」って作品が、日本でもDVD化されてる「少林寺十八銅人」だったとは。お子様が十八銅人してるジャケットだったから、児童向け対象作品と思って、未だに観たことはないな。

モニターがなかったから、撮影直後のチェックができなかったって書いてあったけど、モニターは必要不可欠でしょうに(汗)。ドニー自身が演じたシーンを、撮影直後に監督としてチェックできずに、カメラマンを信用するしかないって、ありえない状況(笑)。ラッシュフィルムを見たドニーは、怒り狂ったみたい。

ボヤ~っとしたソフトフィルターを使ったシーンが多く、それもあったりなかったりしてたのは、モニターチェックができなかったことが起因の、フィルターの外し忘れだったりして?(笑)

子どもが誘拐され、臓器売買や人身売買の犠牲になってるって、メディアがあまり取り上げないだけで、世界中で相当数あるらしいのよね。麻薬よりも大儲けできる闇ビジネスみたい。本作の黒幕みたいに「この子供たちは、社会の役には立たんが、実験では役に立った。」って考えの差別的な人って、実は想像以上に多いのかも。

谷垣さんの本で、ドニーが出演した経緯や、製作過程が大変だったのはよくわかったけど、ドニーファンになりたての少年がそんなことは知らずに「ドニーが「ドラゴン危機一発」のリメイクをしたんだ!観てえ!」と、なけなしの小遣いでDVDを購入してガッカリしてるのを想像すると、やりきれない気持ちになってしまうな(笑)。

ポリス・ストーリー3

おすすめランク B
原題:警察故事III超級警察
出演:
ジャッキー・チェン成龍
ミシェール・ヨー(楊紫瓊)
マギー・チャン張曼玉
ケネス・ツァン(曾江)
ユン・ワー(元華)
トン・ピョウ(董驃)
ジョセフィーヌ・クー(顧美華)
ケルヴィン・ウォン(王霄)
ロー・ワイコン(盧惠光)
フィリップ・チャン(陳欣健)
ロー・リエ(羅烈)
マース(火星)
ション・ワイ(沈威)
ホン・イーサン(韓義生)
監督:スタンリー・トン(唐季禮)
1992年度作品

ケネス・ツァンさん追悼ということで、本作をチョイス。

『恋人メイ(マギー・チャン)と穏やかな生活を送る香港警察のエース、チェン刑事(ジャッキー・チェン)の元に、国際警察から極秘プロジェクトの参加依頼が入る。それは東南アジアを拠点に暗躍する世界的な犯罪組織”チャイバの帝国”を壊滅すること。中国の国家保安局部長で、特殊任務のエキスパートである美女ヤン(ミシェール・ヨー)とコンビを組んだチェンは、組織のボスであるチャイバ(ケネス・ツァン)に取り入り、黄金の三角地帯で行われる大型取引への潜入捜査を開始する。(ツイン公式サイトより引用)』

今回は、Amazonプライムで再鑑賞。

強制労働刑務所のシーン。返還前の香港の人々としては、「数年後に、こんなことする国に返還されちゃうのか。」と不安で胃が痛くなっただろうな(汗)。

ジャッキーが偽りの故郷である仏山に帰るシーン。妹に扮したミシェールのほっぺたをつねるのも笑ったけど、母親役でトン・ピョウが登場したのは、さらに笑ったな。トン・ピョウには、その後のシーンでも何かにつけて変装して出演してほしかった(笑)。

仏山のレストランで絶滅寸前の野生動物が用意されてるのは、嫌悪感しかない(汗)。

”黄金の三角地帯”の麻薬取引シーンでの銃撃戦は、「天使行動2」とかぶったな。敵の体に火がついたまま、爆風で飛ばされたり、火薬庫の大爆破も似てたし。「天使行動2」のアクション監督はスタンリー・トンだったから、セルフオマージュ?

ホテルのプールサイドでのシーン。チェンが近くにいることをメイが知ってからの展開はおっかしかった(笑)。バレたらマズいチェンが、マッサージされながら、デッキチェアの隙間から鼻だけ飛び出してたのは爆笑。

メイは、なんで誰が聞いてるかもわからないエレベーターの中で、同僚にベラベラしゃべっちゃうかね(汗)。直前に機転をきかせた割には、刑事の彼女って自覚がなさすぎる。これきっかけで、チェンと付き合っていく自信が完全になくなって、「ファイナル・プロジェクト」の前に別れたって勝手に妄想(笑)。

裁判所前でのロケは早朝の4時間しか許可されなかったので、大変だったそう。

チャイバの妻がヘリコプターに乗るシーンの間に、ジャッキー、ミシェール、ユン・ワー、ケルヴィン・ウォンがバトルを繰り広げてるってことになってるから、彼らのガチンコバトルが見れないまま、あっさりユン・ワーたちが落下して終了ってのが残念。

ジャッキーが地上7階建ての屋上から、ヘリの縄ばしごに飛び移るスタントは、これだけでも危険だし、その後のぶら下がりのスタントはかなりの高度をヘリが飛んでいて、凄すぎの一言。監督のインタビューによると、ぶら下がるジャッキーの背景にうつる市街地は、よく見るとクアラルンプール市内の名所めぐりになっているんだそう。

ミシェールのバイクを使って列車に飛び乗るスタントも凄かったなぁ。”ジャッキーがミシェールに食われてる感”が否めないシーンの1つ(笑)

シリーズ前2作と比べて、断然、スケールは大きくなったんだけど、何かが物足りないなと思ったら、ジャッキー演じるチェン刑事から、前2作にあった、「熱血」とか「必死」ってのが伝わってこなかったんだよね。まあ、メイには誤解を必死に解こうとしてたけど(笑)。クライマックスの列車上のバトルも、死闘でもなく、敵のロー・ワイコンへのトドメを横断幕に任せる余裕(笑)。

スクリーン増刊の本作の特集号を読んでみた。買ったら満足してしまうタチだったから、隅から隅まで読むのは今回が初めて(笑)。

この特集号は、特に撮影現場を取材してくれてたのが、嬉しかったな。ヘリの縄ばしごにぶら下がったジャッキーが、機関車の上を通りすぎるスタントシーンの一部は、ヘリじゃなく、クレーンとワイヤーで吊り下げた縄ばしごだったなんて、証拠写真まで載せちゃってるし(笑)。本作がジャッキー本人の音声なのは、カメラが新しくなり、同時録音がOKになったからだとか、ジャッキーのスタンドインをしたマース(火星)は9針縫うケガをしただとか、ヘリから貨物列車にチャイバが飛び降りるシーンは、スタンリー・トン監督がスタントして、踵を骨折してしまったとか、ネットがなかった時代にはほんとにありがたい情報を与えてくれてたな。

笑ったのが、「特捜刑事チェン シークレットファイル」って記事。ジャッキーではなく、ポリストシリーズの主人公、チェン・カークイ(陳家駒)のプロフィールを生年月日、血液型、職歴、資格、性格など詳細に書いてるんだけど、「いったい、どれだけの人がこの記事に興味を持ったんだろう?」って思ってしまったな(笑)。

本作の配給は東宝東和のため、チラシを見て恒例のツッコミを(笑)。まずは、「生還率は0%」・・・もう、ダメじゃん(笑)。「舞台は香港を飛び出し、中国、カンボジア、マレーシア、そして世界へ。」・・・いやいや、なんで、3か国だけなのに「そして世界へ。」って余計なこと書くのよ。なんか、スケールアップさせたがるよな(笑)。「最強シリーズ決定版は、キモっ玉も吹き飛ぶ面白さだ。」・・・”キモっ玉”って言葉、昭和の「肝っ玉かあさん」ってドラマタイトルしか浮かばない(笑)。「早くもウワサ独占!キミは本当のジャッキーを見たか!?」・・・すいません、ちょっと独占した噂の内容、教えていただけますでしょうか?(笑)

チャイバの妻が死刑宣告受けてたけど、マレーシアの麻薬に対する厳罰はすごいのよね。持ち込んだだけで死刑。子供の頃、マレーシアに住んでた時にテレビで見たアンチドラッグのCMは未だにコワくてトラウマレベルで覚えてるもの。麻薬はダメよの説明しながら、牢屋に入ってる人物の不気味な絵がうつったり、絞首刑の縄がうつって、「AWAS」(←マレー語で危険って意味)ってテロップが表示されるのよ。・・・ってYouTubeで検索したら、記憶通りの動画↓があったわ(笑)。こんなの、マレー語吹替えの「帰ってきたウルトラマン」放送してる合間とかにやるのよ。コワすぎるでしょ!(笑)

訃報

男たちの挽歌」、「ポリス・ストーリー3」、「盗聴犯~狙われたブローカー~」など、多数の作品に出演したケネス・ツァン(曾江)さんが4月27日、お亡くなりになりました。享年87歳。

報道によると、シンガポールから香港へ到着した後、尖沙咀の隔離検疫用ホテルに滞在。前日の新型コロナ検査では陰性判定を受けていたそうです。死因はまだ明らかになっていません。

ケネス・ツァンといえば、「男たちの挽歌」のキンさんだよなぁ(涙)。

心よりご冥福をお祈りいたします。