ダブル・サスペクト 疑惑の潜入捜査官

おすすめランク 
原題:使徒行者
出演:
ニック・チョン(張家輝)
ルイス・クー(古天樂)
ン・ジャンユー//フランシス・ン(吳鎮宇)
カーメイン・シェー(佘詩曼)
ホイ・シウホン(許紹雄)
ルイス・チョン(張繼聰)
シン・ユー(行宇)
キャンディ・チャン(張慧雯)
ジェイド・レオン(梁琤)
監督:ジャズ・ブーン(文偉鴻)
2016年度作品

こういう作品は、誰が本当の潜入捜査官で誰が裏切って、誰が死んじゃったなんかを鑑賞前に知ってしまうと面白くないので、そういったネタバレは後半に”ここからネタバレ”と記載のうえ、書きますのでご安心を。

『2年前、香港警察の警視が部下の潜入捜査官たちを守るため、全データを破壊して命を落とした。以来、彼らは消息不明だったが、“ブラックジャック”と名乗る人物からの暗号メールに女性捜査官ディン(カーメイン・シェー)とQ警視正(ン・ジャンユー)は謎の解明に乗り出す。やがて、大企業の社長ミン、重役ラム(ニック・チョン)、ラムの相棒シウ(ルイス・クー)が関わる麻薬ビジネスに辿り着く。だがラムとシウは麻薬取引先のブラジルで、裏切り者に命を狙われることに。誰ひとり信じられない極限下で、血で血を洗う抗争は激化していく!(ソニー・ピクチャーズ公式サイトより引用、一部修正)』

2014年に放送されたテレビドラマ「使徒行者」がヒットしたのを受けて、スピンオフとして製作された作品。テレビドラマの主演はミウ・キウワイ(苗僑偉)と本作にも主演しているカーメイン・シェー(佘詩曼)。テレビドラマは観たことないので、観ている前提での人物関係などは、「たぶん、そうだったんだろうな。」と推測するしかなかったな。

テレビドラマが現在までにシーズン3まで製作されており、ホイ・シウホン演じるフーンヘイは、その全てに登場する役柄。カーメイン・シェー演じるディンとの過去のあれこれはシーズン1を見た人にはご存じの内容だったのだろう。

序盤の展開で、ニック・チョンとルイス・クーが潜入捜査官であることを隠して、悪の側にいながら、派手に痛快に悪を退治していく作品かと思ったら違ったな。コメディぽかったのが途中でシリアス路線になってしまったけど、どちらかにしてほしかったな。

カーメイン・シェーって、ボクは本作で初めて知った女優さんだけど、長くTVB(香港のテレビ局)の専属女優として活躍し、地元では人気だそう。そうとは知らず、序盤でコミカルな演技をする彼女に、「なんだ、このおばさんは。」って突っ込んでしまってたな(笑)。ン・ジャンユーとのあの笑えないコミカルなやり取りがそのまま続いていたら、どこかでストップボタン押してたわ(汗)

ブラジルでの麻薬取引シーン。ああいう危険地帯はマジで実在するわけだから怖すぎる。「クレイジージャーニー」のゴンザレスさんのレポートを見たら、それがわかる(笑)

モールス信号が本作の要だったけど、銃声を利用したのは「そんな器用なことできる?」って疑問に思ってしまった。

ラムとフーンヘイが、麻薬取引相手のボス、ドゥンとやり取りするシーン。ドゥンがフーンヘイのことを潜入捜査官だと疑い、彼の妻を惨殺した模様を話しながら、フーンヘイの手首の脈拍を確認するのはドキドキしたなぁ。

ラムの秘書役シウイン(キャンディ・チャン)が、ボディーガードも兼ねていて、実は強かったというキャラ設定。こういうの好き(笑)。

フーンヘイの妻、カリーナ役を演じたのは「黒猫」のジェイド・レオン。アクションもできるのに、出演があんなシーンのみだったのは、なんか残念。

ラムとシウが互いに「俺たちは兄弟だ。その絆が見えないなら、何を言ってもムダだ。」って言うセリフは、その絆が切れそうになったと感じた側が、繋ぎとめるシグナルなんだろうな。”絆”って言葉は、本来は家畜を繋ぎ止めておく綱から来ていて、呪縛、束縛といった意味だったんだよね。現在使われているような、いい意味ではなかった。

ラムが昭和の特撮やアニメのフィギュアを買い集めてる設定がなんかうれしい。ウルトラセブン仮面ライダーゲッターロボと、ボクが大好きだった超人バロム1には胸熱(笑)。この種のフィギュアを金持ち香港人が買い漁ってる話、聞いたことあるな。シウがキカイダーをゴミ箱に捨てたのはちょいイラした(笑)

本作の続編は2019年度作「インビジブル・スパイ」。本作に続き、ニック・チョン、ルイス・クー、ン・ジャンユー主演だが、役柄は全く異なる。

 

 

ここからはネタバレしているので、鑑賞後にお読みを。

ニック・チョン演じるラムが真の潜入捜査官だったわけだけど、それが判明するまでの行動が、とても潜入捜査官だとは思えないのよね。シウとの2人きりの会話で「内通者がいる。」ってのも言わなくてもいいし、警察での取り調べでも、自分が潜入捜査官だとなんで伝えないのかしら?。あと、社長のミンの殺害に関与した際、やりきれない表情すらないのは、警察官の立場なら疑問符がつくしね。ラムがシウを疑うってのも、シウが潜入捜査官だと思っている観客にハラハラしてもらおうという意図ありきになってしまっている。あ、ラムはIQが140あるって言ってたから、ボクには到底理解できない行動をしてたってことか!?(笑)

ディンが拉致されたシーンはびっくりしたな。コミカルからの急展開。そこに、フーンヘイが現れてからの展開もびっくり。で、頭を撃たれたのにディンが生きている種明かしには、「あの状況で、頭にあんな細工は難しいだろ。」ってさすがに突っ込んだな。おまけにフーンヘイがディンの頭をさすっていた位置と、頭がパーン!となった位置が全然違ったしね。

グラスホッパー(草蜢)が歌う本作の主題歌「行者」。