香港麻薬捜査官

おすすめランク 
原題:怒海威龍
出演:
ユン・ピョウ(元彪)
シンシア・カーン(楊麗青)
レイ・チーホン(李子雄)
モンスール・デル・ロザリオ
ビリー・チョウ(周比利) 
キャロル・タム(譚淑梅) 
ユン・ワー(元華)
ピーター・チャン(陳龍)
ション・ワイ(沈威)
ラム・ウェイ(林威)
アレックス・マン(萬梓良)
リリー・レオン(梁舜燕)
アラン・ツイ(徐忠信)
監督:ユン・ブン(元彬)/アラン・ツイ(徐忠信)
1995年度作品

ユン・ピョウがゴールデン・ハーベストを離れた後に出演した作品。日本ではビデオ化はされたものの、DVD化には至っていない。

『フィリピンの麻薬商人が中国の麻薬を偽札で購入し、香港で売っているとの情報の元、香港、中国、フィリピンの警察が合同で、捜査をすることに。香港警察のユン・ピョウと公安のシンシア・カーンは、潜入捜査をするため、夫婦と偽り、麻薬商人のレイ・チーホンに近づくのだった・・・。』

↑のあらすじ読んで気づいた人もいるだろうけど、低予算でスケールを小さくした「ポリス・ストーリー3」(笑)。

邦題見ただけでは、なんか堅苦しくてユン・ピョウが主演してるなんて想像つかないよな。ひと昔前なら、”ユン・ピョウIN”なんてつけてたと思うけど(笑)。

ユン・ピョウのキャラ設定に違和感があったな。当時、アラフォーのユン・ピョウにあのキャラはキツイわ。これから一緒に仕事をする初対面の女性に、ものの数分でほっぺにチュッしちゃうアラフォーはマズいだろ(笑)。

しょっぱな、友情出演でアレックス・マンが登場。ユン・ピョウとの絡みもなく、10分弱で殺されて終わり。その後、伏線もなし。・・・アレックス・マン必要だったか?

ユン・ワーとピーター・チャンも2人じゃなくてもいいような役柄で、出番が短かったよな。クレジットに主演ってなってたけど、あれは特別出演レベルだぞ?

フィリピンの刑務所シーン。あのデブの女囚ボスたちがリンチするところは、なぜか、「あしたのジョー」のパラシュート部隊とねじりん棒を思い出してしまった(笑)。

潜入捜査官なのに脇が甘いんだよね。ユン・ピョウもシンシアも夫婦と偽って潜入してるのに、誰が盗み聞きしてるかもわからないのに、刑事だと悟られる話をベラベラしゃべってるし。アラン・ツイ演じる取引相手が現れたら、ユン・ピョウが「昔、香港で捕まえた奴だ。」とか言い出すし。

終盤のユン・ピョウ、シンシアVSビリー・チョウのバトルは良かったけど、途中でユン・ピョウをケガさせてからロザリオっていう準主役のフィリピン人に交代したのはいただけなかったな。 

ビリー・チョウへのとどめが、消火ホースの水圧を利用して竹筒をぶっ放すという、しょうもなさ(汗)。あの距離で、一発でビリー・チョウに命中させて死に至らせるなんて至難の業だと思うけど。

なんか、香港ノワールと香港B級アクションのごった煮。80年代に活躍し、行き場をなくした人たちがフィリピンで香港映画を作ったように思えたな。ユン・ピョウが、アレックス・マンレイ・チーホンと同じ作品に出演してるなんて、80年代じゃ考えられなかったもんな。

本作が製作されたあたりのユン・ピョウ主演作は低予算でストーリーもクオリティもひどいのが多かった。ユン・ピョウのネームバリューで稼ごうとしてた感じ。

製作総指揮のウ・ミンサイって元庭という名前で中国戯劇学院出身なのよね。本作の製作会社、新達寶影業公司の設立者でもある。後輩のユン・ピョウが仕事がなくなって困ってお願いしたのか、ユン・ピョウの名前でひと稼ぎしようと企んだウ・ミンサイが持ち掛けたのかは不明だけど、中国戯劇学院つながりの出演と睨んだな(笑)。ユン・ワーと監督のユン・ブンも、そのつながりだわ。ウ・ミンサイって黒社会との関係が深いらしいのよね。若かりし頃の先輩後輩の関係って継続していいこともあるけど、断りたいけど断れない関係になるといろいろ面倒(汗)。

本作のBGMにはビビった。「ハードボイルド 新男たちの挽歌」のBGMを流用。やはり、こういうことができちゃう黒い製作会社ってことだわ(笑)。