ファイト・バック・トゥ・スクール

おすすめランク 
原題:逃學威龍
出演:
チャウ・シンチー周星馳
チョン・マン(張敏)
ン・マンタ(吳孟達
ロイ・チョン(張耀揚)
カレル・ウォン(黃子揚)
ウォン・ヤッサン(黃一山)
バリー・ウォン(黃炳耀)
チョン・プイ(秦沛)
ユン・キンタン(苑瓊丹)
デニス・チャン(陳國新)
監督:ゴードン・チャン(陳嘉上)
1991年度作品

『特殊部隊・指揮官のシンシンは、盗まれた拳銃を極秘に取り戻す任務を命じられる。それは転校生として高校に潜入する囮捜査だった。彼は転校早々落ちこぼれになってしまうが、クラスの皆に恐れられていたジョニーがナイフで襲いかかったのを素手で簡単にやっつけクラスの皆に兄貴と慕われるようになる。そんなとき相棒のダッワーが密売組織のアジトを発見するが、過って人質にされてしまった。シンシンは単身で組織に乗り込み、救出したダッワーと休日の学校に逃げ込むが学園祭の準備をしているホーや生徒達がいた。 果たしてシンシンは無事ホーや生徒達を守れるのか?(DVDジャケットより引用)』

シンチ―が前年の「ゴッド・ギャンブラー 賭聖外伝」でブレイク後、スーパースターの地位を真に確立した大ヒット作。

潜入モノは数多く観たけど、学校に警官が教師ではなく生徒で潜入って設定は斬新だったな。香港で当時、問題になっていた黒社会の学校への進出を題材にした作品でもある。

シンチ―がバリー・ウォン(黃炳耀)演じる署長と会うシーン。シンチーを見るなりゲイの素性が見え隠れする署長(笑)。シンチーのケツを見て「ヒュー!」って口笛吹いてるし、さりげなく手で胸あたりをかすめ触りしてるし(笑)。

シンチ―が生徒っていうのが、ジワジワと面白くなってくる。どう見たって他の生徒と比べたらフケてるし(笑)。年齢詐称を疑いまくるクラスメイトがいてもいいはずなのに、意外とすんなり受け入れられてるところもおもしろい。

勉強嫌いで警官になったシンチーにとっては、そりゃ、高校の勉強はキツイよな。ボクだって、高校に戻っての勉強し直しはイヤだわ。特に社会に出てなんの役にも立たなかった科目(どれかは言わない(笑))は、時間の無駄だし、ごめん被りたい。

ン・マンタの手をブルブルさせて仮病してるのはダメよ~ダメダメ(笑)。「重労働を頼まれずにすむ。」って言ってたけど、これ、実際に長年バレずにこんなことやって、お手当貰ってる人、世の中にいるような気がする(爆)。

抜き打ちテストのシーンで、シンチーがコソコソと携帯電話で問題を読み上げて、署長が命令して警察官大勢で答えを出させるのも笑ったな。

マンタがシンチ―に超薄型の被せモノを渡すくだりはおっかしかったなぁ。マンタが偉そうに「15分で済ませろ。」って言ってたけど、なんであんたにコース指定されないといかんのよ(笑)。で、シンチーが床に投げた被せモノを手に取ろうか悩み倒すシーンが爆笑。途中でシンチー、ニヤニヤしてるし。何を想像してるんだよ!(笑)

終盤の舞台を迷路にしたのは、アイデア勝ち。文化祭のために作ったわけで不自然でもないし、展開が面白くなるのは容易に想像できる。

助っ人で署長が登場し、いいとこ取りしたのは予想外だったな。署長役のバリー・ウォン(黃炳耀)は脚本も担当しているけど、急に目立ちたがり屋になりたくなったのかね?(笑)。なんにもカッコよく見えなったけど(汗)。

本作は香港において、1991年の興行収入1位に輝いた。ちなみに2位はジャッキーの「プロジェクト・イーグル」。

DVDの特典映像でチャウ・シンチーインタビューが収録されていた。「少林サッカー」後にインタビューしたものだと思うけど、シンチーが過去の作品が日本でDVD化されることに「気が重くなった。」ってコメントしてるのが正直すぎて、シンチーの人柄がわかった気がする。その時は全力で演じていた作品でも後々、ああしとけばよかったなんてことはあるわけで、ましてやそれまで観たことのない人に10年以上前の作品を観てもらうなんてことは、プレッシャーしかないよな(汗)。

本作のシリーズと「トリック大作戦」がセットになった「チャウ・シンチーコレクターズセレクション」DVDBOXの付録が首を傾げたのよ(汗)。豪華三大付録として「射撃演習セット」ってのものがあって、B2ポスター、標的シール、ペーパーガンが入ってるんだけど、全くもって豪華でもないし、うれしくもない。小学館の幼稚園の付録のほうが豪華(笑)。「わーいわーい、うれしいなったらうれしいな。」って、実際にペーパーガン作って、射撃遊びした人いたら、手をあげてほしいわ(笑)。