マカオ極道ブルース

おすすめランク    

原題:江湖龍虎門
出演:
チョウ・ユンファ (周潤發)
アラン・タン (鄧光榮)
パット・ハー (夏文汐)
ジェニー・ツェン(甄妮)
フィリップ・チャン(陳欣健)
パトリック・ツェー(謝賢)
イー・レイ(伊雷)
ツイ・シュウケン(徐少強)
監督:ジョー・チョン(張同祖)
1987年度作品

『子供の頃、ティンとアランは、マカオで孤児として育ち、兄弟のような間柄だった。彼らは将来、大物になろうと誓い合っていた。ティンはある日、修道院に食べ物を盗みに入るが、それを少女のカーヘイに見られてしまう。カーヘイはそれを見逃してあげて、それ以来、孤児のみんなに食べ物を施すようになった。ティンは秘かにカーヘイに恋心を抱くようになるが、やがて、カーヘイは香港に行くことになり、二人はそれっきりになってしまう。

大人になり、黒社会で力を持ち始めたティン(チョウ・ユンファ)とアラン(アラン・タン)。彼らの存在を目障りに思う者も当然いた。マカオ最大の組織を持つカオ(パトリック・ツェー)である。カオはわざと危険な武器取引の仕事をアランに頼み、その取引が成功すると、分け前の比率をカオに有利なものに変更してしまう。それを拒否したアランとカオの関係は修復不可能となり、アランとティンは命を狙われてしまうのだった・・・。』

チウ(ツイ・シュウケン)から持ち掛けられたヤクの取引を断ったため、ティンが人質になり、アランがチウの元にやってくるシーン。脅されたアランがいきなり、チウの頭を撃ってしまったのには、ビビったな。で、現場はレストランだし、当然、殺人事件として警察に追われる展開になるかと思いきや、この事件に関して警察が絡むシーンなし(なんで?)。

アランが武器取引で、度胸試しで至近距離を銃で撃たれるシーン。緊張で、汗がこめかみからマンガのごとくダラッと流れる演出は笑ってしまった(笑)。

アランの、後に恋人になるジェニーへの対応がどうかと思ったな。タイのクラブで歌っていたジェニー。そこを訪れた武器取引の相手から強引に勧められて、ホテルに入る2人。ヤル気はないと言って、ジェニーの見ている前でコールガールを呼び、ヤリはじめるアラン(笑)。で、どういうわけか恋愛関係に至ったジェニーをタイからマカオに連れてきて、家を案内するなり、物置に閉じ込めるアラン。・・・こういう男を愛してしまう女性の心理がわからん(笑)。

アランが、チウのボス、カオの元を訪れた際や、武器取引の際も「度胸に免じて、見逃す。」とか「度胸があるな!お前のような奴ははじめてだ!」って言われて、度胸だけで危機を回避するんだけど、たまたま運がよかっただけだと思うな。悪いことしてる輩は一般人より沸点低いし、そんな生意気な態度してたらひどい目に合うリスクの方が高いだろうに。

大人になったティンが、カーヘイ(パット・ハー)と再会、カタギになって結婚し、コンビニ経営するんだけど、まあ、うまくいくはずがないよな。過去の人間関係をバッサリできるはずもなく、結局、アランのピンチを助けに行くハメになってる。

アランとティンの部下、リチャードが脅迫されながら自分の子供を銃で撃たざるをえなくなるシーンは、敵に憎悪を抱いた。

ティンがアランを助けるためにカーヘイと別れるシーン。ティンと別れた後、お祈りするカーヘイから一粒の涙がコーヒーに落ちる演出はよかった。

アランが助けに来たティンと共に、厩舎内で左右から敵を銃撃するシーン。アランもティンも敵が撃ちまくってるのに、除けもせず弾を食らいながら、体当たりしてるのはどうなのよ?。アランは防弾チョッキしてたからまだわかるとして、ティンはカーヘイと結婚したんだから、命知らずなことしたらダメだろ。

銃撃戦が物足りなかったな。ただ撃ちあってるってだけ。撃ちあいより、銃から放たれる煙のほうが、やたら気になってしまった(笑)。ジョン・ウー作品のように、観てて「かっこいい!」「スゲー!」と思えるシーンは皆無だったな。

ラストのハチの巣状態まで撃たれるシーンもどうかと思った。いくら銃を持っていたにしても、包囲してる警官が、あそこまで乱射しちゃうのは虐殺レベル(汗)。

ジェニー役のジェニー・ツェンは1983年に不慮の事故で亡くなったアレクサンダー・フー・シェンと結婚していた。

DVDジャケットに不可解な記載が。ユンファのことをDONALD CHOW YUN-FATって書いてる。ユンファの英語名がドナルドなんて聞いたことないわ(爆)。「サイキックSFX魔界戦士」関連の記事にはAMAN CHOUになってたのも見たことあるけど。映画配給会社の宣伝次第で、ドナルド・チョウになってたわけか。・・・ない(笑)。