大丈夫日記

おすすめランク 

原題:大丈夫日記

出演:

チョウ・ユンファ(周潤發)

サリー・イップ(葉蒨文)

ジョイ・ウォン (王祖賢)

レイ・チーホン (李子雄)

ケント・チェン (鄭則士)

キャリー・ン(呉家麗)

エレイン・ジン(金燕玲)

デヴィッド・ウ- (胡大為)

シン・フイオン (成奎安)

タイ・ポー (太保)

監督:チュウ・ヤン (楚原)

1988年度作品

何度観ても面白い、ボクが大好きな作品の1つ。

ストーリーは、ユンファが同時に2人の女性を愛してしまい、結婚してしまったので、2人をごまかしながら、生活していこうとするが、そんなに世の中うまくいくはずもなく、 嘘の上塗りのあげく、徐々にドツボにハマっていき、最後には2人からおそろしい報復を受けてしまうというドタバタコメディ!

ユンファは証券マンで、サリーは国際線客室乗務員、ジョイはブティックのオーナー。結婚当初、ユンファは数時間おきにアメリカ市場が大混乱だの嘘を言って、夜中にサリーとジョイの家を行ったり来たりするんだけど、こんな生活、長続きするわけないだろ(笑)。おまけにジョイに「いつも同じ時間ね。」って言われてる(笑)。

病院のエレベーターでユンファとサリー、ジョイが乗り合わせてしまうシーン。ユンファがジョイに見つからないように、鉢植えで顔を隠すと、子供が葉っぱをむしりはじめ、 ユンファがすごい形相で「葉をムシるなー!」って言い、その鉢植えを床に落っことした途端、とっさにその子供を抱っこして「カワイイ坊やですねー、ホントにかわいい。殺したいくらい・・・。」って言うユンファの言い方に爆笑(笑)。

どちらの家に帰るか曜日を決めてから、しばらくうまくいっていたのだが、サリーからいきなり地上勤務になるって聞かされた時の、絶望のユンファ(笑)。

「うぇりー・ないす」なミュージカルシーン(笑)。サリーとジョイに挟まれながら、幸せそうなユンファ(笑)。何回聴いても、楽しくなって笑顔になってしまうな。

サリーがジョイのブティックでドレスを購入したことがきっかけで、2人が知り合いになってしまう。レストランで鉢合わせになったユンファは、サリーにはジョイは親友のチーホンが二股してる女性だと言い、ジョイにはサリーはチーホンの元カノだと言ってしまう。・・・あーあ、嘘の上塗りって、し続けるのしんどいのにね(笑)。

ジョイの誕生日会にサリーも招待されてしまうんだけど、ここからユンファの計画が狂い始めたよな。計画の1つで解けた靴ヒモを結ばなきゃいけないのに、靴ヒモのない靴を履いてきちゃってる(笑)。

サリーとジョイがユンファにおしおきしようとするシーン。バレたことを知らないユンファにジョイが「嵐の前の静けさね。」と言うところは、コワかった(笑)。

ジョイに「飲むときは笑わせてくれないと。」と言われ、ネタを披露するユンファ。ちっともジョイは笑ってくれなかったけど、ボクは充分、爆笑させてもらいました!(笑)

ユンファの親友、チーホンはユンファにとってはいい奴だったよな。チーホンがユンファを親友と思っているかは、はなはだ疑問。断り切れない性格か、ユンファに弱みを握られてるとみたな(笑)。

ユンファの重婚を疑う刑事役のケント・チェン。エレイン・ジン演じる女刑事に言い寄られるんだけど、ケントの背中がひっかき傷だらけって、ベッドでどんだけ虜にさせてるんだよ(笑)。

サリーもジョイもユンファにムカついてるんだけど、心底ではないところがいいんだよね。ユンファが男たちにボコられてる時に、サリーが男に「やりすぎないで。」って言ったりね。サリーとジョイの建前と本音が見え隠れするのもおもしろい。

ラストは、「そんなんでいいんかい!」ってな反則オチ!「しあたんはんた~ん」って言いながらのユンファの姿は爆笑!。

本作を初めて観た時、ユンファの多才な演技力にただただ感服したっけ。

監督は「ポリスストーリー」で組織のボス役を演じていたチュウ・ヤン(楚原)。彼は香港映画史の初期から監督として数々の作品を作ってきた人。

内輪ネタ。ユンファがラジオで「今年度の最優秀男優賞はチョウ・ユンファです!」って聴くと、「またあいつが取ったのか。」って呟いたり、キャリー・ンが「チョウ・ユンファの最期を見なきゃ。」ってユンファ主演のドラマ 「上海灘」の最終回を見ようとすると、ユンファが「バンバンって撃ち殺されるのさ。」って言ったり。

この作品って現在進行形で浮気してる人なんかは、「やべえ!やべえ!」って呟き連発だろうな(笑)。パートナーの浮気を疑ってる人は、「一緒にみよ!」って誘って、横目でパートナーの表情と行動をチェックしてみたらいいかも(笑)。

20年以上前にTBSの土曜の22時くらいからの単発枠で、高田純次東ちづる山口美江出演で本作をドラマ化したことがあって見たけど、高田純次がこのキャラ演じるのは余裕じゃんって思ったな(笑)。

久しぶりに観なおしたバージョンは、ユニバーサルから発売されたもの。残念だったのが、字幕。エレベーターで子どもが鉢植えの葉を取っちゃうシーンで、ポニーキャニオン版は「葉をムシるな。」なのに、ユニバーサル版は「葉を取るな。」。ユンファのあの形相なら「ムシるな。」の方が適訳(笑)。他にもポニーキャニオン版とは違うところがあって残念だった。コメディは特に翻訳する人の笑いのセンスが問われるよな。

本作のビデオ吹替え版のユンファの声は渡辺正行。所持してないので一度も観たことないけど、マッチしてたのかしら?(笑)。