ダブルタップ

おすすめランク    

原題:鎗王
出演:
レスリー・チャン張國榮
アレックス・フォン(方中信
ルビー・ウォン(黄卓玲)
モニカ・チャン(陳法蓉)
ヴィンセント・コク(谷徳昭)
ジョー・チャン(張民光)
フォン・ピン(方平)
レイブン・チョイ(蔡業信)

監督:ロー・チーリョン(羅志良)
2000年度作品

『かつて香港ナンバー1の射撃選手だったリック(レスリー・チャン)。彼は連射した2発の銃弾を、同じ位置に命中させるという高度なテクニック“ダブルタップ”ができるほどの男だったが、ケガのため、今は競技銃の改造の仕事をしていた。 ある日、リックは恋人コリーン(ルビー・ウォン)の紹介で射撃指導をすることになり、再び銃を手にするようになる。 やがて射撃大会に出場した彼は、ミウ刑事(アレックス・フォン)と共に決勝に進む。決勝戦開始直前、ミウの同僚で株の失敗で借金苦となり、自分の保険金で家族を救おうと考えたユウが現れ、銃を乱射する。ミウはユウを撃とうするが、 躊躇し、その瞬間、リックが引き金を引き、ユウは頭を撃たれ、即死してしまう。リックはその時、人を撃ち殺すことに罪悪感を持ちながらも異常とも思われる強い快感を感じるのだった。

3年後。
汚職事件の証人と護衛する刑事たちの射殺事件が起き、犯人は“ダブルタップ”ができる者の仕業だと判明し、 参考人としてリックも取り調べされる。家宅捜索の結果、多くの改造銃が見つかり、家にいたコリーンがリックをかばい、 自分の銃だと証言したため、逮捕されてしまう。警察の執拗な挑発にキレたリックは、恋人を取り戻すために、 殺人ゲームを仕掛けるのだった・・・。』

人を殺した快感、その快感に対しての罪悪、苦悩、徐々に精神が侵されていき、ついには潰れていく心理状態をうまくレスリーが演じていて、レスリー・チャンという俳優の魅力をあらためて感じた。また、アレックス・フォンも次々と仲間が殺されていき、自分を責め、怒りに震え、爆発していくまでをレスリーと互角に演じている。

レスリーの演技力がなければ、ガンマニアが人を殺した快感を忘れられず、キ○ガイになって惨殺しまくるって話で、リックというキャラクターに魅力を感じなかっただろうな。レスリーとアレックスを逆のキャスティングにしていたら、評価が変わっていたかも。

射撃指導は実際に射撃競技チャンピオンのジョー・チャンが担当し、そのまんまジョー役で出演もしている。

競技場でヤン(フォン・ピン)が鳥肉を的にして銃を撃つシーン。隣にいたレスリーが目をつぶった時に、一瞬、 血が壁に流れたような描写がうつる。一種のサブリミナル効果だと思うが、ゾクッとしてしまった。

完全にブチ切れて警官を殺しまくる時のレスリーの目のイッちゃったぶりがコワイ!レスリーをさんざん挑発したレイブン・チョイ(蔡業信)演じる刑事の最後は「ざまぁ!」と呟いてしまった(笑)。

BGMと鼻息が、緊迫するシーンの効果をさらにあげていてよかった。

本作の続編はルイス・クー、ダニエル・ウー共演の「トリプルタップ」。本作でプロデューサーだったイー・トンシンが「トリプルタップ」では監督を担当。

メイキングを見たけど、リアリティを徹底的に追求するために、レスリーもアレックスもジョー・チャンの指導のもと、かなりハードな射撃の特訓を受けてたな。

DVDに収録されたレスリーのインタビューを観たけど、監督とか裏方の仕事も今後はしていきたいって話してた。アニタ・ムイ共演の「煙飛煙滅」って作品が初監督作だったけど、インタビューで話してたシルヴィア・チャン主演作ってのは実現できなかったみたいだね。せっかく日本向けのインタビューだったのに収録時間が短くて残念だったな。もっといろいろ話してほしかった。