少林サッカー外伝

f:id:kasayanacchai:20220305094240j:plain

おすすめランク  

原題:功夫老爸 
出演:
ウォン・ヤッフェイ(黃一飛)
ロレッタ・リー (李麗珍)
チャン・カイタイ(陳啟泰)
監督:ラウ・ツンファイ(劉俊輝)
2004年度作品

『「少林サッカー」の少林チームのメンバー“鉄頭”こと大師兄の後日談。デビルチームとの死闘に勝利した後、チームは解散状態に。鉄頭は事業をはじめ大成功し、忙しい日々を送っていた。 その頃、デビルチームは試合に負けたことを根に持ち、少林チームのメンバーに次々と暴行を加え、復讐を続けていたのだった。そしてレッドデビルチームが少林チームに挑戦状を叩きつけ、挑戦を拒めば、悪評を世間に流すと脅迫してきたのだった。

“鎧の肌”こと三師兄がチーム再結成を鉄頭に打診してくるが、彼にはサッカーより大事なこと、かつて自分のせいで疎遠になってしまった息子と孫を探し出すことだった。 かれは息子たちの居場所を突き止め、変装して息子宅で家政婦として働くことになるのだった・・・。』

観る前から「ヤバそう」と思ったのは出演者もスタッフもウォン・ヤッフェイとロレッタ・リー以外知らない人ばかり。そして、オープニング。出演者などの字が中国簡体字だったので、まずここで香港映画ファンとしては違和感を感じた。少林チームのメンバーがボコボコにされるシーンでは、全員、「少林サッカー」で演じた俳優ではない。セリフが多かった“鎧の肌”こと三師兄でさえ、ティン・カイマン(田啓文)ではなかった。 友情出演、特別出演すらもしてない時点で、この作品の質が悪いことが伺える。

鉄頭が家政婦になるって時点で「ミセスダウト」。ロビン・ウィリアムズが女装しても全然OKだが、鉄頭の女装は完全に妖怪(笑)。ほぼ全編にわたってこの格好のままだから、観るに耐えなかったな。

メインのストーリーは、サッカーは添え物で、鉄頭の息子の女性問題で妻(ロレッタ・リー)が家を出て行ってしまい、その子供がママに会いたいことを理由に、鉄頭家政婦にいたずら、 嫌がらせをするがやがて仲がよくなって、最終的には“よかったね”ってなる展開。

だが、そのストーリーに関しても“E級電影”に匹敵するダメダメ状態。 鉄頭家政婦と息子の子供が、家から息子の愛人を追い出そうとするシーン。急に停電になると、鉄頭が猪八戒のマスクをかぶって登場。女は「キャーー!!」と逃げ回り、 翌日、友人に「ブタのオバケがでた」とか言ってマジでビビってる。それからまたドラキュラのマスクでおんなじことをやるのだが、この世の中、 大の大人がそんなものでそんなにビビるかい?

別居している鉄頭の息子と妻を合わせるきっかけってのが、子供が風邪をひいただの、ケガをしただの、行方不明になっただの、いかにも心配しそうなシチュエーションをいきなりつくるから最悪。それがストーリーで伏線として続いたりすればいいのだが、それもなし。ひどかったのが、子供が走ってきた男とぶつかって、頭をケガして入院するのだが、次のシーンでは包帯もまかずに元気に歩いてる(汗)。

この作品の頭の悪さが一番わかるのが、家に誰かが訪ねてきて「ピンポーン」とチャイムが鳴って、鉄頭家政婦がドアを開けるシーンがやったら多いこと。90分という作品のなかで、誰かが訪ねてくるシーンでも他にやり方があるはずなのに、それをあえて選択してしまうレベルの低さに驚きすら感じてしまった。

サッカーの試合シーンも、「少林サッカー」のような映像を期待できるはずもなく、停止ボタンを押したくなってしまったな。この作品に 「少林サッカー外伝」なんてタイトルをつけちゃダメだわ。

この作品は「鉄頭主演の作品かい!!はは!!」と酔った状態でイーキン・チェン主演の「風雲!格闘王」と一緒にDVDを購入しちゃったんだよな(笑)。観終わった後に買わなきゃよかったとえらい後悔したっけ。