悪漢探偵

おすすめランク   

出演:
サミュエル・ホイ(許冠傑)
カール・マッカ (麥嘉)
シルヴィア・チャン (張艾嘉)
チェン・シン(陳星)
ディーン・セキ (石天)
ハン・クォツァイ(韓國材)
レイモンド・ウォン (黄百鳴)
チョウ・ダーワー(曹達華)
ツイ・ハーク(徐克)
ジョージ・ラム (林子祥)
監督:エリック・ツァン(曾志偉)
1982年度作品

『香港で取引するためにやってきたイタリアン・マフィアのダイヤが、あっと驚く手口で奪われた!犯人はバイクで高層ビルからダイブ、追っ手を振り切って逃走。この事件は“白手袋”の異名を持つイギリスの怪盗の仕業と思いきや、真犯人は香港の泥棒、キングコングだった!それを知ったマフィアのボスは、白手袋にダイヤを取り返すよう依頼。一方、香港警察は、白手袋を追いつづけるお人好しのハゲ刑事、アルバートをはるばるアメリカから呼び寄せる。アルバート刑事は、泣く子も黙る男勝りの女刑事ホーと共に事件の捜査をスタート。そして、白手袋を逮捕するため、彼に追われるキングコングと手を組むが・・・。(ツイン公式サイトより引用)』

カール・マッカ、ディーン・セキ、レイモンド・ウォンが設立した映画会社シネマシティの大ヒット作。

それまでのカンフーものに飽き飽きしていた香港の観客は、本作に飛びついた。そりゃ、同じ金額払うなら、野っぱらで延々、カンフーしてるのより、カーチェイス、カークラッシュ、バイクスタント、爆破、ハングライダーしてるの観たいわな(笑)。

シルヴィアの情報屋役って、ハン・クォツァイ(韓國材)だったのね。久しぶりに観て気づいた。

サミュエルを尋問するシーン。シルヴィアが挽き肉器を用意して、拷問するためか、指を入れるためのデモンストレーションしてるのが笑える。この後のカールとサミュエルのゲームもおっかしかったな。”ぐるぐるバット”(←あの運動会とかでする競技にこんな名前があったのね(笑))のように、くるくる回転するゲームの説明をカールがしていたら、説明してる間に回転しすぎて、本番になったら目が回りすぎて負けちゃってる(笑)。こういうカールが予期しなかったり騙されて痛い目やひどい目にあうパターンがボクは好きなのよね。

サミュエルがシルヴィアの妹に一目惚れした時の顔!。一目惚れしちゃって、放心状態で、ベラベラとダイヤモンドのありかの手掛かりをカールにしゃべっちゃってる。

サミュエルとカール・マッカが乗ったシルバーの車は、当時はかっこよかったのかもしれないが、現在となっては、かなりダサい。

サミュエルに向かって走って来た車を、サミュエルがジャンプして飛び越えるスタントは「スゲー!」って思ったな。

舞台監督役でツイ・ハーク、神父役でレイモンド・ウォン、救急隊員役でジョージ・ラムが特別出演している。

パンフレットによると、本作のプロデューサーでもあるカール・マッカがサミュエルに出演交渉して、当時としては破格の1億円で契約したそうだ。

本作の原題は「最高のコンビ」って意味。

邦題って、どういう経緯で決まるもんなのかね?。”悪漢”は悪事によって別の巨悪を討つアンチヒーローって意味もあるから良しとして、“探偵”ではないだろ。シリーズ化したら、パート1のタイトルが自ずと付けられるし、未来永劫、そのままのタイトルなわけだから、後でボクのような奴にケチをつけられないようにちゃんと命名してほしいよな(笑)。まあ、本シリーズは日本でヒットしなかったので、パート3は「皇帝密使」、パート4は「スペクターX」と変わったけど。セガールさんの作品は日本で勝手に、ずーっと”沈黙”してるけど、あれだけ多いと、はっきり言って、どれがどれだかわからなくなるよな(笑)。