ブラック・マスク2

おすすめランク    

原題:黒侠2
出演:
アンディ・オン(安志杰)
トビン・ベル
テレサ・マリア・ヘレラ
ジョン・ポリトー
アンドリュー・ブリニアルスキー
ロブ・ヴァン・ダム
トレイシー・エリザベス・ローズ
ブラッキー・コー(柯受良)
テレンス・イン(尹子維)
監督:ツイ・ハーク
2002年度作品

ジェット・リー主演でヒットした「ブラックマスク」のパート2。ツイ・ハークが監督、ユエン・ウーピンがアクション監督ということで、少しだけ(←少しだけかよ!)期待したのであるが・・・。

パート1の「ブラックマスク」との共通点は“ブラックマスク”っていう点のみ。ストーリーの関連も全くなし。主演のアンディ・オンの顔の骨格からして、「ブラックマスク」というか、ブルース・リーの「グリーン・ホーネット」に似ていると思ったのは、ボクだけだろうか。

なんか、“仮面ライダー”や“宇宙刑事ギャバン”“超人バロム1”とかの東映ヒーローものを金かけてつまらなくしたって感じ。 改造人間にされて、ショッカーから逃げ出したブラックマスクが正義に目覚め、“怪人イグアナ男”や“カメレオン女”“魔人ヘビゲルゲ”と闘う展開はそのまんま。で、ギャバンの“レーザー・スコープ””バリヤー”とかを敵がしてしまうって感じ。

プロレスショーをネタに、レスラーに動物の遺伝子を注入し変化させて凶暴化させるパターン自体が時代遅れなストーリー。 いくら現代のCG技術使ったとしても、ストーリーがチープだと話にならない。

“カメレオン女”役のトレイシー・エリザベス・ローズは、知る人ぞ知る往年の超有名ポルノ女優。・・・って検索したらダメよ(笑)(←ダメと言われるとしたくなるのが人間の性(笑))

どうも、ツイ・ハークは出来不出来の差が激しいよな。ハリウッド作の「ダブル・チーム」、「ノック・オフ」なんか、 日本で劇場公開されたことが奇跡としか思えないつまらなさだったし。・・・そういえば、両方とも劇場に観に行ったっけ。

ツイ・ハークが香港映画界にもたらした影響は計り知れない。ジェット・リーだって、ツイ・ハークがいなければ、ハリウッドには進出できなかったし、古装片ブームもなかっただろう。ジョン・ウーも今頃どこで何をしていたかわからず、「男たちの挽歌」 も生まれなかっただろう。これだけ偉大な人なわけだけど、たまに、自分が監督すべきか他人に任せるべきかの判断を誤っちゃうみたいね(笑)。

アクション監督はユエン・ウーピンなのだが、「スゲー!」と思わせるワイヤーアクションなんかもなくて、ただクルクル回転させてる、ピョンピョン飛んでるってだけの“やっつけ仕事”のように見えてしまった。ワイヤーでどのように観客に「かっこええ!」 思わせるかが重要なのに、このボクでさえ、「あいかわらずだな・・・。」と思ってしまったことは、“手抜き”しちゃったってことだろう。ほんとにがっかりした作品だったな。