モンキー・フィスト 猿拳

おすすめランク 

原題:雑家小子
出演:
ユン・ピョウ(元彪)
ラウ・カーウィン(劉家榮)
サモ・ハン・キンポー(洪金寶)
レオン・カーヤン (梁家仁)
リー・ホイサン(李海生)
ラム・チェンイン(林正英)
カール・マッカ (麥嘉)

監督:サモ・ハン・キンポー(洪金寶)

1979年度作品

ユン・ピョウ初主演作!

ユン・ピョウとレオン・カーヤンは駆け出しの詐欺師。ある日、ニセの金の延べ棒を換金し大金を手に入れるが、 浪人(サモ・ハン・キンポー)に大金の入った袋をすりかえられてしまう。そうとは知らない二人はカジノに向かい、遊びまくり、 袋の中にニセ銭が入っているのを知った二人は、カジノの用心棒にボコボコにされてしまう。

これまたある日、二人は食堂で食事をしていた金持ちラウ・カーウィンを騙そうとするが失敗する。ムカついた二人は、ラウ・カーウィンと対決するも完敗し、彼の拳法に魅了され、弟子入りをする。 しかし、二人はラウ・カーウィンの正体を知らなかった。彼は、指名手配中の大悪党だったのである。

またまたある日、カンフーの上達に自信を持ったユン・ピョウとレオン・カーヤンはカジノの用心棒に仕返しに行き、彼らを叩きのめす。 ユン・ピョウが先に帰ると、ラウ・カーウィンが刑事(マース)を惨殺している現場を目撃してしまう。それを見られたラウ・カーウィン はユン・ピョウに襲いかかり、後から帰ってきたレオン・カーヤンも参戦し闘うが、レオン・カーヤンは殺されてしまうのだった。

怒りに燃えるユン・ピョウ。しかし、今の彼の武術ではラウ・カーウィンに太刀打ちできるはずもなかった。そこで、 猿拳の使い手であった浪人(サモ・ハン・キンポー)に弟子入りし、厳しい修行の末、猿拳をマスターし、ラウ・カーウィンとの闘いに挑むのであった・・・。

ストーリーはちょっと、展開的にどうかなあと思う部分があるが、カンフーシーンは蛇拳、虎拳、鶴拳など多くの拳法を サモ・ハン流にコミカルにして、見応えがあった。出演者が、サモ・ハンとは仲のよい人ばかりだから、ほんと息がピッタリ。

サモ・ハンがユン・ピョウに修行させるシーン。膝を曲げないように尖った棒を脚に取り付けて、 曲げたらブスっと刺さるようにしてバック転練習させたり、縄跳びしながら、宙返り、腕立てなんかを延々やったりしてる。今さらだけど、ユン・ピョウの動きの俊敏さ、運動神経はマジですごい!

ラスト、ラウ・カーウィンVSユン・ピョウ、サモ・ハンの壮絶なカンフーバトルが繰りひろげられるが、 ラウ・カーウィンの方がレベルが上のようで、結局、ユン・ピョウ得意の縄跳び戦法にラウ・カーウィンを 追い込み、ノックアウト!でもこの縄跳びの縄が、するどい刺がたーくさんついているので、ちょっと卑怯な気もした。

ユン・ピョウの1985年当時のインタビューで、いろんな質問に応えていた。20年後もいい映画を作っているだろうとか、 オレンジ大好き人間(←アイスキャンディーもオレンジ、ジュースもオレンジ)だとか、初恋は24歳だとか。 尊敬する人はお父さんっていうのは、なかなか言えんよなと思ってしまった(笑)。

劇場公開時は、リチャード・ン、ロイ・チャオ主演のコメディ「ザ・ポップマン」と同時上映だったらしく、 パンフレットには2作品が紹介されている。この時のユン・ピョウの名前は“ジム・ユン・ピョウ”!!配給側の宣伝しだいでは、ファンから「きゃあーー!ジムくーん!!」と呼ばれることになっていただろう・・(笑)