新座頭市 破れ!唐人剣

おすすめランク B   

出演:
勝新太郎
ジミー・ウォング(王羽)
浜木綿子
寺田路恵
南原宏治
三波伸介
伊東四朗
花沢徳衛
監督:安田公義  

1971年度作品

座頭市」シリーズ22作目の作品だが、版権等の問題で長年ビデオ化されず、座頭市ファン、ジミーウォングファンには幻と呼ばれていた作品。

ある日、日本で見世物をしながら生活していた唐人一家と、王剛(ジミー・ウォング)は知り合いになる。旅の道中で 南部藩の行列を一家の子供、小栄が乱した際、侍が小栄に切りかかったため、王剛は侍数人を殺してしまう。 その騒ぎの中、侍はそこらにいた百姓らを、惨殺し、小栄の親も殺されてしまう。王剛は、懸賞金をかけられ、ヤクザの 藤兵エ一家に追われる身となる。

座頭市は、小栄の泣き声を聞き、小栄を預かることにする。道中、座頭市は王剛と遭遇し、言葉のわからぬまま、 ある百姓(花沢徳衛)の家に泊めてもらうことにする。座頭市が街に買い物に行っている隙に、何者かの知らせにより、 王剛らの居場所が発覚し、無残にも百姓一家は惨殺され、一家の娘、お米(寺田路恵)は藤兵エ一家に拷問をされる。 藤兵エに座頭市が“金のためならなんでもする”男だと知らされたお米は、座頭市が密告したと思い込んでしまう。

王剛とお米、小栄は、王剛の昔の修行仲間、覚全(南原宏治)のいる寺へ向かう。言葉の通じる覚全から、お米の話した 座頭市が密告者だという話を聞いた王剛は、座頭市を裏切り者だと信じてしまうのだった・・・。

勝新太郎の剣さばき、かっこええ!!剣を握った時のシブーイ声と、普段の軽めの声とのギャップも座頭市というキャラに 親しみを覚えてしまう。

中国語と日本語の意味が互いにわからんネタ。おにぎりを食べるシーンで、ジミーさんが「謝謝!(シェーシェー)」と言ったら 勝さんが「シャーシャー?水か。」と言って、何で水なんだかわからんが、水筒渡したり、「どこへ行く?」という中国語を、 「隣の兄さん。」とか言って「そうそう。」と理解してる(笑)。

藤兵エ一家と座頭市の決戦シーン。何度見ても、勝さんの剣さばきに魅了されるが、樽の中に隠れていた勝さんが、敵が 樽を“コンコン!”ってノックしたら、“コンコン!”って応答しちゃうところは「コントかい!!」と爆笑してしまった。 ああいう小ネタ大好き!(笑)

座頭市というネタだけに、めくらネタが満載。てんぷくトリオが、のぞき見するシーンで、めくらの三波伸介も障子に穴あけて 覗こうとしたり、「めくらは執念深いからなあ・・・。」とか、「めくら同士で・・・。」とか、「妙なあんまだよ・・・。」とか 放送禁止用語連発。“あんま”ってマッサージ機も“あんま機”っていうなあ・・と思って調べてみたら、マッサージ の仕事をする人たちが、目の不自由な人が多かったから、そういった人を“あんま”と呼んでいたみたいだ。えー、不適切な表現を書いていますが、作品がそういう作品ですので、ご了承くださいませ・・・。

酒屋の女主人役の浜木綿子って、若い頃をこの作品で初めてみたけど、美人ですなあ・・・。学生時代、苗字と名前がどこできれるのかわからず、「はまきめんこ」「はまもめんこ」と読んでいたな(笑)。「はまゆう」なんて植物知らんかったし。

ジミーさんと勝さんのラストのバトル。ストーリー的に互いに闘わなくてもいいのに、言葉が通じず、誤解に誤解を生んだ状態での闘いのため、どっちが勝利しても、見ている側からするとどっちにも死んでほしくない状態なので、壮絶な死闘を見ている にもかかわらず、見終わった後、「やったー!!」ではなく、「ハァ・・・」とため息をついてしまった。決着後、互いに 「ことばさえ通じていれば、闘わずに済んだものを・・・」と呟くのが、悲しい。

日本公開版と香港公開版ではラストが違い、香港版ではジミーさんが勝利するらしい。そのバージョンも見たいが、ジミーさんですら 所持していないらしい。

DVDの作品紹介の、ジミーさんについてのところで“ジャッキー・チェンアンディ・ラウサモ・ハン・キンポーら大スターに 一目を置かれる存在”と書かれていたが、どうして一目を置かれているかまでは書かれていなかった。なんででしょうねえ・・・(コワー!(笑))。