ラスト・シャンハイ

おすすめランク    

原題:大上海
出演
チョウ・ユンファ (周潤發)
ホアン・シャオミン(黄暁明)
サモ・ハン・キンポー (洪金寶)
ン・ジャンユ-//フランシス・ン(呉鎮宇)
倉田保昭

監督:バリー・ウォン (王晶)
2012年度作品

ユンファとホアン・シャオミンのW主演作!そして、ユンファ、サモ・ハン、夢の共演作!!

1913年、江蘇州川沙。青果店で働くダーチー(ホアン・シャオミン)は、京劇学校の娘ジーチウと恋仲であった。 ある晩、ダーチーは青果店の主人とともに主人の妻が浮気をしている現場を押さえに行くと、浮気相手の隊長により、 主人は殺害され、殺人犯として濡れ衣を着せられてしまう。この事件によりジーチウは北京へと去ってしまうのだった。

拘置所で出会ったマオ(フランシス・ン)の助けにより、拘置所を脱出、一旗あげるために上海へ向かったダーチーは、やがて黒社会の 大ボス、ホン(サモ・ハン・キンポー)の配下に入り、ホン夫人にも気に入られたことで、次第に大きな商売を任されるようになる。 そしてホンが誘拐された際にホンの救出のため尽力したことにより、ホンと義兄弟の盃を交わしたダーチーは、上海黒社会の顔役として その名が知られることになる。

時は流れ、1937年。ダーチー(チョウ・ユンファ)は、若き頃、拘置所からの脱出に協力してくれた国民党軍のマオ将軍(フランシス・ン)から、 地下組織の一員である学者チェンに近づき、組織の名簿を手に入れることを頼まれる。ダーチーはチェンの妻で京劇の有名女優となっていたジーチウ と再会することになるのだった・・・。

タイトルの後にアルファベットだけでもなく簡体字でもなく“周潤發”ってクレジットされるのは久々な感じで、ほんと「ユンファ、おかえり!」 ってうれしくなってしまった。

ユンファとサモ・ハンが同じシーンに出演してるって、長年、香港映画ファンしてるだけあって感慨深いなぁ。 ユンファとジャッキーが共演なんてこともいずれ実現しちゃったりして。

この作品は第32回香港電影金像奨で最優秀美術賞ジャッキー・チュンが歌う「定風波」で最優秀主題歌賞を受賞した。

ジーチウが誘拐されそうになるシーン。雨の中、スローモーションで黒い傘を指した男たちがジーチウに近づいていくシーンは印象に残った。

教会での銃撃シーン。ユンファではなくシャオミンだったけど、「狼 男たちの挽歌最終章」を思い出して興奮してしまった!拳銃の弾を入れ替えたり、 薬莢が落ちるシーンとかニヤリ!って感じ。

ダーチーがホンと義兄弟の契りを交わした後、シャオミン演じるダーチーからユンファ演じるダーチーに変わるシーンは ベタだけどよかった。

ユンファの銃撃シーンは感涙モノ!!長年、“弾丸坊主”だの“金ピカ皇帝”だの“亀仙人”だの“海賊のボス”だの “紀元前の有名人”だの、「これ、ちゃうねん。」ってつぶやいてきたボクとしては、「キターーーー!!!」状態(笑)。

サモ・ハンがおかしくなったフリでもしてるのかと思ったら、おかしくなったまま終わってしまい、これからどうなっちゃうんだろう と心配になってしまった。まあ、あれだけのことがいっぺんに降りかかってきたら、誰でもおかしくなっちゃうだろうな。・・・しっかし サモ・ハンの妾だったヤツ、許せん!(怒)

京劇シーンはほんと、キレイだったなぁ。秘密拘置所にダーチーがホン夫人を救出に行くシーンで、ジーチウが京劇を演じながら 見得を切る場面が度々映し出されるのだが、この演出がすばらしかった。

ダーチーの嫁さんのアーバオみたいな女性、いいなぁ(笑)。心身ともにダーチーに尽くして、愛し尽くしてる女性。ダーチーが ジーチウと再会して心が揺れてても、彼を理解し、「ダーチーのためなら・・・」と自分を犠牲にしてマオ将軍の元に向かうとか、 こんな女性、今では激レアなんじゃない??ちょっとでも女性の匂いがしたらキーキーわめきまくられ、疲れて仕事から帰ってきたら、女デブゴンになってしまった嫁にソファーに寝転がってポテトチップ食べながら「レンジでチンして。」とか言われ、 “妻だけED”なのを言うに言えない男性全てがアーバオに憧れるはず!(笑)

ラスト、アーバオの亡骸を抱いて車に乗り、日本軍による銃弾の嵐の中、アーバオを必死に抱くダーチーの姿に男泣きしてしまった。 最後の微笑みもよかったなぁ。

よく考えたらユンファと倉田さんの共演も珍しいよなぁ。「セブンス・カース」以来だよなぁ。まあ、「セブンス・カース」はユンファが ほっとんど登場しないでいいとこだけ持っていった作品だったけど(笑)

若い頃付き合っていた人と理由あって離れ離れになり、かなりの年月が経ってから再会して心が揺れるってシチュエーション、意外とあるのかも。 この作品を観ながら、かつての恋人を思い出した人も多いはず。「ねぇ、昔、未練ありで別れた人が突然現れたらどうする?」って 「おまえ、正直に言ったら怒るやろ。」みたいな質問を唐突にされて、現在の恋人や夫婦同士で観ながらケンカにならないように ご注意くださいませ(笑)