イップ・マン 葉問

おすすめランク A

原題:葉問2

出演:

ドニー・イェン(甄子丹)

サモ・ハン・キンポー (洪金寶)

ホアン・シャオミン(黄暁明)

リン・ホン(熊黛林)

ケント・チェン (鄭則士)

サイモン・ヤム (任達華)

ルイス・ファン(樊少皇)

ダーレン・シャラヴィ

フォン・ハックオン(馮克安)

ロー・マン(羅奔)

監督:ウィルソン・イップ(葉偉信)

2010年度作品

『1950年、イギリス植民地の香港に、広東省から家族を連れて移住した中国武術詠春拳の達人、イップ・マン。待っていたのは、この地を仕切る洪挙の師匠ホンとの激闘だった。勝負は決着がつかぬまま、武館閉鎖に追い込まれるも、公園で黙々と弟子を指導し続けるイップ・マン。そんな時、中国武術を侮辱したイギリス人ボクサーに立ち向かったホンが死闘の末、リング上で死ぬ。イップ・マンは、誇りのために、命を懸けて挑むことを決意する。(チラシより引用。)』

日本では前作より先に本作が一般公開されたわけだが、本作がシリーズの初見だといくつか残念だと思う点があった。まずはイップ・マンの第一印象。「稽古代くれ。」を連発しちゃって、金クレおじさんと誤解してしまうじゃん(笑)。あと、衝撃のサイモン・ヤム演じるチンチュンとイップ・マンの再会シーン。前作を知ってるからボクのようにホロリと涙がでるのに、初見だとそうはいかんだろう。

魚市場での乱闘シーン。あれだけの人数に攻められながら、イップ・マンのパレットを盾にしながらの攻撃、包丁の刃先を使わないミネや腹での応戦など、見どころ満載。

前作の役柄から、いい奴に変貌しちゃったカム役のルイス・ファン。かなり好感度アップ(笑)。妻子を持って、みんな、このように変われたらいいのに、逆に悪い奴になってしまう輩が多すぎだよな。ステイホームでDV急増って、いろいろ間違いすぎだろ。

各門派の師範と対決するシーン。円卓の上で戦い、落ちたら負けというルールがうれしい(笑)。で、師範役のメンバーにはフォン・ハックオンとロー・マンというニヤリとしてしまうキャスティング。ハックオンの容姿の変わりようには驚いたな。

サモ・ハン演じるホンとイップ・マンの対決はマジで凄かった!円卓上で互いに超速連打を繰り広げ、円卓が真っ二つに割れて引き分けの展開にただただ興奮!このバトルシーンだけで撮影に8日間かかったそうだ。

ホンとツイスターのバトルは、「サモ・ハン、がんばれー!」って熱くなったな。あれだけボコボコにされ、殴り飛ばされるサモ・ハンは、あまりお目にかかれない(笑)。ドニーがタオルを投げようとしたのを止めた時のサモ・ハンのあの表情!。このシーンでのアクシデントでサモ・ハンはマジで殴られて気絶してしまったらしい。

イップ・マンとツイスターの対決。イップ・マンが余裕で勝利すると予想してたら、開始してからしばらく、ツイスターへの有効な打撃ができず、投げ飛ばされた後に強烈な一撃をくらい、ノックダウン。「やべえ、負けちゃう?」と焦ったな(汗)。で、途中での蹴り禁止のルール変更はイラついたわ。ほんと、条約にしてもスポーツにしても、白人は自分たちに有利になるような決めごとをしちゃうよな。クライマックスのイップ・マンの攻撃とホンの映像が交互に映し出されるのはよかった。

イギリス人の警察署長は白人至上主義丸出しだったな。あの、他人種を完全に見下してる感じね。一部の白人の持つこの根本的な思想が、世界を不幸にさせてる大きな要因だよな。

ツイスター役のダーレン・シャラヴィは惜しくも2015年にアテローム動脈硬化症に伴う心筋梗塞を惹き起こし、42歳の若さで亡くなった。

いやあ、本作はサモ・ハンの衰えを感じることのないアクションに拍手をおくりたい。

ラスト、イップ・マンの元に子供時代のスペシャルな人物が登場するので、お楽しみに!(もう、わかっちゃってるわな(笑))。