デブゴンの霊幻刑事

おすすめランク 
原題:霹靂大喇叭
出演:
サモ・ハン・キンポー(洪金寶)
ジャッキー・チュン(張學友)
ジョイ・ウォン(王祖賢)
デビッド・チャン//ジョン・チャン(姜大衛)
ウォン・チェンリー(黃正利)
チャン・イー(張翼
フォン・ツイファン(馮淬帆)
チョン・プイ(秦沛)
ポール・チャン(張沖)
ウー・フォン(胡楓)
テディー・イップ(葉榮祖)
タイ・ポー(太保)
メルヴィン・ウォン (黃錦燊)
ラム・チェンイン(林正英)
ユン・ワー (元華)
コリー・ユン//ユン・ケイ(元奎)
ティン・チン (田青)
デヴィッド・ウー(胡大為)
デニス・チャン(陳國新)
ルフレッド・チョン(張堅庭)
監督:リッキー・ラウ(劉觀偉)/フィリップ・チャン(陳欣健)
1986年度作品

『ドジな警官チューバがベテラン刑事チョーに頼まれた仕事は、ギャング撲滅のための危険すぎる捜査。不運にも悪の銃弾を浴びて殉死したチョー刑事は、チューバだけに見えるゴーストとなってこの世に留まり、事件解決を試みる。霊に取り憑かれてしまったチューバはヘンテコな言動で周囲を困惑させるが、チョー刑事の陰の力を借り、相棒の熱血新人警官と共に闇組織とのバトルを繰り広げる!(ツイン公式サイトより引用)』

サモ・ハンの家にフォン・ツイファンら、同僚が集まっての火鍋パーティーシーン。彼らがサモ・ハンに彼女候補の女性を連れて来たんだけど、サモ・ハンの好みではなかったので(要するにブサイク(笑))、サモ・ハンの態度がイヤイヤ丸出し(笑)。

しっかしサモ・ハンも移り気が早いよな。スーパーのレジの女の子に興味持ってたのに、そのスーパーの責任者にジョイ・ウォンがやってきたら、ジョイにぞっこん。

サモ・ハンとジャッキーが親子喧嘩の通報を受け、現場に行くと、精神障害者の2人組(汗)。こういう人たちが刃物を持って暴れるところにだけは遭遇したくない(怖)。

サモ・ハンの部屋のカレンダーに写ってたのは、若かりし頃のマギー・チャン

サモ・ハンがジョイとデートすることになったら、当たり前のように一緒にジャッキーが付いてきてるのはなんで?邪魔でしょ!(笑)

デビッド・チャン演じる幽霊から逃れようとサモ・ハンが寺院に逃げ込もうとするシーン。現れたのはコリー・ユンと道士の恰好をしたラム・チェンイン。2人の出演、ここだけ(笑)。

幽霊の要求している捜査協力に、サモ・ハンが従わないのでジョイの家で嫌がらせをされるシーン。サモ・ハンにしか幽霊が見えてない設定で、サモ・ハンの不審な行動にジョイの両親から変人扱いされるのは幽霊モノではお決まりパターン。サモ・ハンがジョイの父親にホールケーキを投げつけちゃったのは、ジョイとの仲が完全終了と思ったな(笑)。

前年の「霊幻道士」のヒットにあやかりたいと思ったのか、現代劇に幽霊ネタをぶち込んだわけだけど、はっきりいって不必要だったな。幽霊ネタにするなら、もっとそっちに比重を置かないと。特にラストのサモ・ハン対ウォン・チェンリーのバトルは幽霊の助けなんて必要なく、サモ・ハンには、ウォン・チェンリーに普通のバトルでトドメを刺してほしかったのに、ライダーキック(笑)。サモ・ハン仮面ライダーの変身ポーズはレアだと思ったけど(笑)。

本作は同タイトルでビデオ化されたけど、置いてるレンタル店がボクの捜索エリアにはなくて、東京に行った時に神保町のアジア映画でレンタルしたっけ。その後、スパイクから「サモ・ハン・キンポーのオバケだよ全員集合!」(←えらい安直なタイトル(笑))としてDVD化され、パラマウントからはビデオ化のタイトルに戻って発売されている。