秘法睡拳

おすすめランク    

原題:睡拳怪招
出演:
ユエン・シャオティエン(袁小田)
レオン・カーヤン (梁家仁)
エディー・コー(高雄)

監督:テディー・イップ(葉榮祖)

1980年度作品

ジャッキーの「酔拳」「蛇拳」のブームで、師匠役のユエン・シャオティエンの出演作が急増した時に作られた作品。 他の作品では主役で売っておきながら、特別出演だったりする作品が多かったが、この作品での出番はかなり多かった。

タイトルを見間違ってはいけません。「酔拳」ではなくて「睡拳」です。つまり、寝たふりをしながら、闘ってしまう拳法で あります!(笑)でもユエン・シャオティエンはこの作品でも弟子に酒ばっかり買いに行かせて、飲みまくるジジイだけど(笑)

ストーリーは、孤児のガキが、めしやでレオン・カーヤンが悪党と闘う現場に遭遇し、彼と一緒に闘う。カーヤンは役人で、 ある悪徳商人の悪行が発覚したため、それを告発しようと思った矢先、身分がばれてしまい、狙われていたのだった。

で、なんだかんだと二人は仲良くなり、その間に、ある女を悪党から助けたから悪党に狙われるが、その場に偶然いたユエン・ シャオティエンに助けられ、シャオティエンの弟子になって、修行に修行を重ね、ついに秘術睡拳をマスターし、強敵(エディー・コー)と戦うという、 カンフー王道ストーリー。

この作品の特筆は、孤児役のガキ。こいつがとんでもなく体がやわらかく、修行のシーンで中国雑技団のように、体を両手でささえながら、うにょーんと背中から曲がって両足が顔についちゃう状態、尻が頭の後ろにいってしまう状態になるのだ。(説明しづらいな・・・。) ってか、通常の人間ではありえない動きをアクションシーンでもしてしまうのだ。これ以外は、他のカンフーモノと全くかわらん(笑)

シャオティエンのアクションシーン。棒で戦うところは顔がちゃんとうつっていて、本人がやっているところが多かったが、 棒なしだと後ろ向きばっかりだし、たまに顔がうつるところは動きがえらい遅く、あるシーンでは、ちょっとしたアクションの はずなのだが、カットカットしてつなぎ合わせてる状態。まあ、歳も歳だから、無理はないけどね。

レオン・カーヤンのアクションは、あのキレのある動きがいつ見てもかっこいい!まあ、この作品を見る時は、アクションシーンのみ見ればOK。 きっと、初めから終わりまで早送りせずに見ていたら、せっかくラストでカーヤンがすんばらしいアクションやってるのに、 それを見る前に停止ボタン押してしまう可能性大(笑)。