ピース・ブレーカー

おすすめランク 

原題:破・局

出演:

アーロン・クォック (郭富城)

王千源

劉涛

監督:リエン・イーチ

2017年度作品

アーロンが主演ってことでレンタル。

『マレーシアの首都・クアラルンプール。母親の通夜へと急いでいたガオ刑事(アーロン・クォック)は、誤って男をはねてしまう。しかし、巧妙に死体を隠した彼は、あらゆる手段を使って事故の隠蔽を図るのだった。人知れず闇に葬られた刑事のひき逃げ事故――平穏な日常を取り戻しつつあったガオだったが、彼の犯行を知る脅迫者が現れ、事態は一変する。狡猾で残忍な脅迫者との果てなき死闘を制し、ガオは秘密を守ることができるのか!?(公式サイトより引用)』

たまたま母親が亡くなったからって、轢いちゃった男を、一緒の棺に入れて隠蔽するってすごい思いつきだな。罰当たりもいいとこだろ。

で、轢いちゃった男が、アーロンが関わる事件の重要人物だって知った時と、事件現場に監視カメラがあった時は、アーロンと一緒に「あちゃ~」って思ったわ(笑)。

犯行がバレるかバレないかまでは、めっちゃドキドキしてみてたんだけど、白いスーツを着た男が登場し、脅迫するシーンから、一気にテンション下がった。

ここから、疑問に思うシーンがいくつかあって、困惑した。トイレでの格闘シーン。あれだけ破壊したりして物音がすごいはずなのに、誰も不審に思って、駆け付けてこない。

アーロンと同僚が、スクラップ置き場で会話中に、白スーツ男から電話があって、「車から降りて20歩歩け」とか指示するんだけど、近くにいると思いきや、アーロンの自宅に訪問してる。その時に、アーロンたちが乗ってた車の上からスクラップされた車が落ちてきて、同僚が死亡。・・・どうやったら、遠くにいてそんなことができるわけ?スマホ使っての遠隔操作?全く説明がないから、不可解。

CHINAから派遣されたイケメン刑事が、本筋にかかわってこなかったのもよくわからん。こいつがアーロンに疑惑の目を向けていく展開のほうがよかったのに。

白スーツ男がコワかったな。ゾンビレべルで死なない(笑)。白スーツ男が乗る車をアーロンが爆破させて、池の中に沈んでく時に、「アーロン、もう少し浮かんでくるか確認しとけよ。」って思って見てた(笑)。予想通り、アーロンが安心しきった場面で、突如、現れた時のアーロンの驚く表情が、なんかおかしかった。しっかし、爆破で大ケガしてる状態で、6分も潜水できるもんかい?

アーロンの役柄って汚職、飲酒運転、殺人の隠蔽とか、数々のアウトなことしてるから、最後にはその報いがあるだろうと思ったら、あのラストは「おいおい!」だった。

なんか、スッキリしなかったな。因果応報にならないことも、たまにはあるか(笑)