燃えよデブゴン4 ピックポケット!

おすすめランク 

原題:堤防小手
出演:
サモ・ハン・キンポー (洪金寶)
フランキー・チェン (陳勲奇)
ディニー・イップ (葉徳嫻)
ラウ・ハクスエン (劉克宣)
テディ・パン (彭秀霞)
リチャード・ン (呉耀漢)
ピーター・チャン(陳龍)
ナット・チェン (陳百祥)
チョウ・ダーワー(曹達華)
ジェームズ・ティエン (田俊)
ディック・ウェイ (狄威)
チン・ユーサン (錢月笙)
監督:サモ・ハン・キンポー (洪金寶)
1982年度作品

サモ・ハン監督、主演作の中でも傑作の1つ。

『ピックポケットとはスリのこと。マイケル(サモ・ハン)とチムニー(フランキー・チェン)は師匠(ラウ・ハクスエン)と共に、 日々、連係プレーでスリをして稼いでいた。一仕事終わり、ディスコに行くとマイケルはリン(ディニー・イップ)と知り合う。 二人は付き合うようになり、やがてリンが婦人警官だったことをマイケルは知る。リンはマイケルの腕を見込んで、捜査の一環で宝石密輸団からあるブツをスリ、それを元に密輸団を一網打尽にしたいと頼む。マイケルは頼みを引受け、スリに成功し、リンにブツを渡す。密輸団がそれを許すはずもなくバトルがはじまるが、その最中、ブツがニセモノと判明。リンはトンズラするのだった・・・。』

スリをする連係プレーとBGMがテンポよく、オープニングから飽きさせない演出でほんとおもしろかった。

しょっぱな、師匠の娘役のテディ・パンの巨乳をアピールしすぎ(笑)。ちなみに、本作で武術指導していたユン・ピョウとテディ・パンは知り合い、後に結婚した。ユン・ピョウ、テディの巨乳にひとめぼれ!?(笑)

ディスコシーンのボーイ役のチン・ユーサン。ダンスミュージックにノリノリでボルシチを持ってくるからこぼしまくってる(笑)。 カンフーもののチン・ユーサンを見慣れているだけに、若者の格好したユーサンが妙に新鮮だった。

もう一人の主役と言ってもいいのが刑事役のリチャード・ン。なんかやる度に間抜けなことばかりやるんだけど、それがボクの笑いのツボに見事にハマり、爆笑の連続。泥棒を捕まえようとして警官みんなで覆いかぶさって捕まえて、リチャードが手錠かけたら上司(ジェームズ・ティエン) だったとか、おもちゃの紐つき鉄砲で上司を狙ってたら紐が切れて弾が上司に当たるとかベタなんだけど、リチャードがやるとやたらおかしかった(笑)。

サモ・ハンとディニー・イップが初デートでいきなりラブホに直行。し終わった後にサモ・ハンの背中がひっかき傷だらけ(笑)。

サモ・ハンらが暮らすアパートにリチャード・ンがやってくるシーン。クローゼットにスリ練習用のマネキンが隠されてて、扉を開けるとマネキンが飛び出てきたので、リチャードがびっくりしてマネキンに飛びつくのだが、よく見ると、飛びついた時だけ、マネキンが人間(笑)。

ラストのバトルはサモ・ハンVSディック・ウェイ。この二人の対決は意外と珍しい。最後はサモ・ハンが船から海にかなりの高さから落下するスタント。 このラストバトルは見ごたえあった。このバトルの前に、テディ・パンが自慢の巨乳を、得意げにディック・ウェイに見せつけるのだが、即、殴り倒されたのは笑った(笑)。

師匠役のラウ・ハクスエンは「プロジェクトA」の撮影中に急死した。

長年、ソフト化されず、幻の作品だったが、スパイクから発売された時は、即、購入したっけ。その後、廃盤で入手困難だったが、パラマウントからハッピー・ザ・ベストとして再発売された。