タイガー刑事

おすすめランク:

原題:特警屠龍
出演:
ジャッキ-・チュン(張學友)
ドゥドゥ・チェン(鄭裕玲)
サイモン・ヤム (任達華)
ドニー・イェン(甄子丹)
アイリーン・ワン (温碧霞)
レオン・カーヤン (梁家仁)
ン・マンタ (呉孟達
ワン・ロンウェイ (王龍威)
ユエン・チョンヤン(袁祥仁)
ユエン・シュンイー(袁信義)
監督:ユエン・ウーピン(袁和平)
1988年度作品

久々にビデオテープを入手したので、鑑賞。スパイクドラゴンからDVD化されたけど、廃盤になっちゃって、現在のところ視聴困難な作品。

シュウ刑事(レオン・カーヤン)はある麻薬取引現場で取引相手になりすまし取引を開始する。そこに、仲間の刑事たちが 急襲し、銃撃戦が開始される。シュウ刑事は犯人(ワン・ロンウェイ)を追跡するが、あと一歩というところで逃がしてしまう。

シュウ刑事は、同僚のシャーリー(ドゥドゥ・チェン)と恋仲で、シャーリーは結婚を機に退職つもりだった。そして、 結婚式の前日、シュウ刑事は、取り逃がした犯人によって射殺されてしまうのだった。

復讐に燃えるシャーリー、そして仲間のジャッキー、ドニーたちは、犯人逮捕のため捜査を開始する。すると、その影に彼らにとって予想だにしなかった人物が浮上するのだった ・・・。

シュウ刑事が殺されるシーン。“いたずら”ジャッキーが、パーティーでからかわれた仕返しにシュウ刑事の車に催涙ガスをしかけて、目が見えなくなったところをシュウ刑事は殺されちゃうんだけど、ジャッキー、やりすぎ。催涙ガスの量が半端ないわ。傷害罪レベル(汗)。で、シャーリーがウエディングドレスを試着中にシュウ刑事が殺されるんだけど、ウエディングドレスを着たまま、現場に行くという“不幸な花嫁的演出”が、「それをしたかったのねー!」って感じ(笑)。

そもそもシュウ刑事は、なんで犯人を追跡してる途中、犯人が海に飛び込んだ後、仲間と和気あいあい状態で追跡を中止しちゃったんだろうな。犯人をまだ逮捕してないのに、上司の家でパーティーなんかしちゃって、結婚前だからって危機意識なさすぎ。

ジャッキーもドニーも掴んだ証拠を何の疑いもなく、上司(サイモン・ヤム)に報告しちゃってるよなぁ。上司が刑事の身分で、広い庭付き豪邸に住んでる時点で、疑念を抱かないと。世の中、ニコニコしながら寄ってきて、平気で嘘ついたり、騙そうとする輩はいるんだから、気を付けた方がいい。

ドニーのアクションはやっぱすごい!!あいかわらずのキレのいい蹴りが炸裂!!ドニーは途中で殺されてしまうのだが、 殺さずにラストまで活躍させてほしかったな。アクションに関しては、ジャッキーもドゥドゥもドニーの足元にも及ばないわ。ドゥドゥはアクション女優じゃないんだから、ムーン・リーとかシンシア・カーンあたりが適役だっただろうな。

本作のドニーのように、正義を貫こうとして、想像もつかなかった闇の存在の怒りを買い、転落、抹殺されてしまった人が長い歴史の中でいかに多いことか。「ハメられた!」とか「でっちあげだ!」と発言している側の視点で物事を追跡するとメディアが伝えない不可解なことが見えてきて、真実がわかることも多いんだろうな。(←かなり意味深(笑))