ポリス・ストーリー 香港国際警察

おすすめランク 
原題:警察故事
出演:
ジャッキー・チェン成龍
ブリジット・リン(林青霞)
マギー・チャン張曼玉
トン・ピョウ(董驃)
ラム・コーホン(林國雄)
マース(火星)
ケン・トン(湯鎮業)
チュウ・ヤン(楚原)
フォン・ハックオン(馮克安)
チャーリー・チョウ(曹査理)
デヴィッド・ラウ(劉志榮)
カム・ヒンイン(金興賢)
ワン・ファ(尹發)
タイ・ポー(太保)
ウー・フォン(胡楓)
監督:ジャッキー・チェン成龍
1985年度作品

この作品と出会わなければ、香港映画にハマっていないだろうという、ボクにとって大切な作品。

『実業家の名を借りて大規模な麻薬密輸を行う巨大シンジケート”チャイナ・ルート”。組織の一網打尽を狙って、取り引き現場に張り込んだ香港国際警察のチェン刑事(ジャッキー・チェン)は、組織を牛耳るチュウ(チュウ・ヤン)の美人秘書サリナ(ブリジット・リン)を監視し、逃走を図った一味を執拗に追跡、何とか逮捕にこぎつけた。だが、証拠不十分で釈放されたチュウは手下として働いていた警察の内通者を殺害、チェン刑事にその容疑を着せてしまう・・・。(ツイン公式サイトより引用)』

小学6年のある土曜日、「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」を見終わり、風呂に入った後、なにげにチャンネルを回した途端、 バラック村を車で突っ込むシーンに出くわす。そのシーンでかなりの衝撃を受けてしまったボクは、当時、ビデオデッキは家になかったため、ラジカセを持ってきて、テレビのスピーカーにマイクをあてエンディングまで録音したのだった。家族に「シッ!静かに!」と言いながら(笑)。あれからもう30年以上もボクを香港映画ファンにさせているんだから、この作品の存在はあまりにも大きい。

バラック村の銃撃戦での、おしっこチビルくんの恐怖心は、ほんとの姿だよな。一発で死んじゃうこともあるわけだからね。ユンファの2丁拳銃はかっこいいけど、死を覚悟してなきゃ到底できない芸当だよな(笑)

バラック村に車が突入しちゃうのは、繰り返しになるけど、凄すぎた。お風呂にのんびり浸かってて、このシーンを見逃してたら、はたして香港映画ファンになってたかどうか(笑)

ジャッキーが2階建てバスに傘を引っ掛けてぶら下がるアクションは、カーブで振り落とされるか、蹴り落とされそうでハラハラしたな。このシーンは、バスにラッピング広告した碧泉檸檬茶にとっては抜群の宣伝効果だっただろうな(笑)。

で、ジャッキーの銃声にビビった運転手が急ブレーキかけて、敵が窓を突き破って落下するシーン。ほんとは前に止まってる車に落下するはずだったのに、バスの停止場所が手前になっちゃって、もろに地面に落下しちゃったみたい(汗)。

署長室にブリジットだけを残して、弁護士とジャッキーを退席させた後、署長たちが何もブリジットに質問せず、退室させたのは、弁護士に疑念を抱かせるうまい方法だよな。今度、誰かに使ってみようっと!(←よしなさい(笑))

ブリジットの家を襲ったマースが、ジャッキーの同僚だとブリジットが知って、ジャッキーを騙して誘惑するシーン。新録版のセリフがそれまでの吹替え版よりも、いわゆるちんちん(いわゆるは不要か(笑))を想像しやすいのに変わってたな。「なによ、これ。細くてちっちゃい。もっと太いのが好き。」って(笑)

分署でのジャッキーの電話のやりとりと消しゴム付き鉛筆でラーメンを食べるシーンが楽しいのよね。ラーメン食べる直前に、思いついたかのように、周りの電話の受話器を外しちゃうのも笑う。そりゃぁ、消しゴムを飲み込んじゃったの気づいたら、慌てるよな(笑) 

ブリジットの居所を知ったジャッキーがチュウの別荘に侵入するシーン。ここも何度も観たな。ジャッキーに蹴られた敵が窓を突き破って落下するとか、ガラステーブルの枠にすっぽり収まるように蹴り飛ばされるとか、「スゲー!」って思ったよな。

殺人容疑で手錠をかけられそうになったジャッキーが、署長にブチ切れするシーン。吹替え版で追録された石丸さんの声がドスが効いてコワいんですけど(汗)。「俺たちだって人間だぞォ!うるさいゴルァ!」って黒社会の人みたい(笑)

ジャッキーが署長を人質にして、車で逃げるシーン。この時に乗った黄色の三菱の車って、同時期に撮影していた「ファースト・ミッション」のバイクとのチェイスシーンで使用されたのと同じ車。ナンバープレートも一緒。当初は本作に使われるチェイスシーンだったけどカットされ、「ファースト・ミッション」に転用された経緯がある。

デパートでのアクションシーンは何度観たかわからんな。下りと上りのエスカレーターの間を落下したり、きりもみ回転しながらガラスに突っ込んだり、バイクに轢かれながらガラスを何枚も突き破ったり、ブリジットは替え身せずにショーケースのガラスに投げ飛ばされたり、凄すぎの一言。少年時代、デパートに行く度に「ジャッキーならここを使ってアクションするだろうな。」って妄想しまくってたな(笑)

クライマックスのジャッキーのイルミネーションポールのすべり降りは、とんでもないスタント!!小学生の男子(あくまでボク)がハマるのもわかるわ。

長らくVHSに収録されていた日本公開版は視聴困難だったけど、ブルーレイの特典映像で観れるようになったな。ゴールデン洋画劇場で放送されたのは英語版で、ジャッキーの役名が“ケビン”だったので、 VHSをレンタルして観たときはBGMも全く異なっていたので違和感を感じたのを覚えている。

今回、ブルーレイアルティメット・エディションで観て、封入されてた復刻版のパンフレットやプレスを読みなおしたけど、相変わらず、配給の東宝東和の誇大アピールがすごかったな。まず、「香港映画50周年記念」って大々的にアピールしてるけど、「だからなんなんだよ。」って思ったな(笑)。香港の映画人たちが「50周年記念作品」の製作をジャッキーに依頼して快諾なんて書いてあるけど、香港公開時にそんな宣伝なかったみたいだし。「必死のアタック!!1本のカサを頼りに時速90kmの暴走2階建てバスへ!」。・・・時速90kmのバスに追い付けるなんて、ジャッキーの足の速さはすごいな(笑)。「ほか香港オールスター総出演!!」・・・これは完全に嘘(笑)。

パンフレットのタイトル周りのイラストもじっくりみたら、なんじゃこれ(笑)。劇中に登場しないアジア系じゃない人々やアメ車のパトカーが描かれてるし。おまけに、アルティメット・エディションのケースが、チラシから印刷されてるんだけど、星に型取りした中の人物が、劇中に登場しない、ボクは存じあげない黒人と白人、それにアンディ・ラウ(笑)。

特典映像の撮影現場潜入は、伊東四朗とマリアンが司会した「ジャッキー・チェンのカンフーおもしろ大全集」のもの。うまく編集してジャッキーにインタビューしてた、このはのことヒップアップはカットしてたな。

本作でボス役を演じたチュウ・ヤン(楚原)さんが2022年2月21日にお亡くなりになりました。心よりご冥福をお祈りいたします。

↓碧泉檸檬茶の当時のCM。アン・ブリッジウォーターが起用されてたんだ!えらい金ピカな恰好させられてるなぁ(笑)。