オン・ザ・ラン 非情の罠

おすすめランク B   

原題:亡命鴛鴦
出演:
ユン・ピョウ(元彪)
パット・ハー (夏文汐)
チャールス・チン(秦祥林)
ユン・ワー(元華)
ロー・リエ(羅烈)

監督:アルフレッド・チョン (張堅庭)
1988年度作品

本作はユン・ピョウの“見せるアクション”を期待して観ていたら大間違いだった。しかし、ガッカリしたわけではない。アクションは少なかったが、こんなにハラハラドキドキした香港映画はひさしぶりだった。

ユン・ピョウは香港警察の政治班の刑事で、彼の妻も麻薬事件を追っている刑事。子供がいるのだが二人は別居中で、妻には恋人がいた。その恋人とは上司のリュ警部(チャールス・チン)だったが、ある日、彼女が追っていた麻薬事件の黒幕がリュ警部であることを彼女は突き止める。しかししばらくして、彼女は何者かによって殺されてしまう。

怒りに燃えるユン・ピョウは、犯人を逮捕するため、単独で捜査をし始める。捜査の結果、犯人はタイからやってきたプロの殺し屋で、しかも女性(パット・ハー)だった。パットを逮捕したユン・ピョウは、チャールスが黒幕だとも知らず、チャールスに電話で報告する。それを聞いたチャールスは、証人になるパットを消すため、刺客をおくるのだった。

チャールスが警部なだけに、チャールスの謀略によって、ユン・ピョウ、パット・ハーは犯人にされ、警察全体から追われることになってしまう。彼らの運命や、いかに!!

ユン・ピョウの家でのシーン。パットとユン・ピョウの子供が、あるお遊びをする。手で人差し指をのばして銃の形を作り、「ド・レ・ミ」と言ったあと、首を横に傾けるという、何のことはないお遊び。このシーンはその後、その子供が敵に襲われるシーンにつながっていく。こういう伏線があるのって、狙ってるなーって思いもあるけど、ないとストーリーがチープなものになってしまうから、映画では非常に重要だと思う。

敵から逃げるユン・ピョウが、ビルから香港によくある建築の竹の足場を使って、街灯に飛び移るシーンはかっこよかった。なにげなくやっているところがすごい。

ユン・ピョウの同僚が、チャールスの屋敷に忍び込むシーン。チャールスの家から大量の麻薬を発見した途端、突然チャールス一味が帰ってきたので、あわてて隠れる。このシーンはドキドキしまくってしまった。

チャールス・チンは「福星シリーズ」のハンサム役で日本では知られているが、台湾で活躍した往年の二枚目スター。チャールス一味が大金を手にしてゲラゲラ笑っているシーンでチャールスも笑っていたが、とても悪いことしそうにないくらいのニコニコした笑顔だったな(笑)。

ユン・ピョウのこんなシリアスした演技も珍しかったが、チャールス一味の一人、ユン・ワーの気弱すぎる演技も珍しかった(笑)。