白い炎の女たち 火舞風雲

おすすめランク C  
原題:火舞風
出演:
チェリー・チェン (鐘楚紅)
チョン・マン (張敏)
ウー・マ (午馬)
チョン・プイ(秦沛)
マリア・コルデロ
シン・フイオン (成奎安)
ラム・チュン(林聰)
チャーリー・チョウ(曹査理)
バリー・ウォン(王晶)
監督:ジョー・チャン(張同祖) 
1988年度作品

MATVムービーアジアで放送された作品。放映時、別題として「白い炎の女たち」の表記があったので、当ブログでのタイトルは「白い炎の女たち 火舞風雲」とした。

『両親と妹と暮らしていたマンディ(チョン・マン)。義父のソー(シン・フイオン)は、かつて、黒社会の一員だったが、足を洗っていた。ある日、ソーは、かつての組織からムリヤリ頼まれ、犯罪に加担し、逮捕されてしまう。それが原因で、母親は入院。金に困ったマンディはホステスになることを決意し、働き始めたナイトクラブで知り合ったホン(チェリー・チェン)と友情が芽生えていくのだった・・・。』

ホステスになってからは、マンディが人気者になるまでの、ホステスたちの派閥争いや、客を取った取られたバトル、ホステスへの美人とブスの扱い違いネタ。

ホンがボトルに入ったブランデーを一気飲みするシーンは、飲み会でアルコール度数の高い酒をさんざん飲まされたせいで仲が良かった人との関係が消滅したボクとしては、「やめとけ。」と呟いたな(笑)。

ブラックマンデーと言われた株の大暴落以降、ナイトクラブに来る客も減り、投資で大損したホンは自殺未遂する。・・・最近、ブラックマンデーレベルのことが起きそうな兆候があるから心配だな(汗)。

ホンのセリフ、「人にはいい時も悪い時もある。」・・・いい時を増やしたいものだ。

ナイトクラブの客でフォン・ツイファン、ビリー・ロウ、ナット・チャンがゲスト出演。

もう、義父のソーが不幸の源。なんで、マンディの母親はこんなクズと再婚したんだろな。こいつの存在がなければ、マンディはホステスにならずに済んだし、トン(チョン・プイ)と肉体関係持たずに済んだし、母親は死なずに済んだし、トンは汚物かけられずに済んだし(笑)。こういう人間の「もう悪いことはしない。」なんて言葉は当てにならないわな。「これはダメなことだよな。やめとこ。」って直前ですらストップがかからない時点で何かが欠けてる。

ラストはもう、ああならざるより仕方なかったな。 

本作で、チョン・プイの部下役を演じ、他には「男たちの挽歌Ⅱ」「狼 男たちの挽歌最終章」など多くの作品に出演したラム・チュン(林聰)さんが2021年1月31日に亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。