トランサー 霊幻警察

おすすめランク    

原題:2002
出演
ニコラス・ツェー謝霆鋒
スティーブン・フォン(馮德倫)
ロー・カーイン(羅家英)
サム・リー李燦森
レイン・リー(李彩樺)
ダニエル・グラハム
アレックス・フォン(方力申)
アン・ヤ(安雅)
ヴィンセント・コク(谷徳昭)
リー・リクチー(李力持)

監督:ウィルソン・イップ(葉偉信)
2001年度作品

ジェネックス・コップの3人トリオが再び共演した作品!

幽霊によって引き起こされる事件が頻発していた香港。香港警察は霊を見ることができ、話もできる男、ヤウ(ニコラス・ツェー) を警察特殊部門“2002”に所属させていた。彼は以前、彼の友人で同じ警官だったサム(サム・リー)を誤って殺害してしまったことがあり、今ではそのサムが幽霊として彼の相棒として邪悪な霊と闘っていた。そんなサムも輪廻転生する時期となり、ヤウの元を去っていく。

ヤウは生まれながらに彼と親しくなった人が、次々と死んだり、不幸になる運命を背負っていたため、親しい友人や、恋人を作ることを拒み続けていた。しかし、彼には心を寄せる女性、ダニエル(ダニエル・グラハム)がいた。ある日、バス代の5ドルを払えない彼女に ヤウが貸すことになり、初めて彼女と話すことができたのだが、親しくなれば彼女を失うことになるため、自分の気持ちを押さえようとするのだった。

ヤウのもとに“2002”のメンバーになることを希望する警官のフォン(スティーブン・フォン)がやってくる。彼も霊を見ることが できたため、フォンは新たな相棒となり、焼死事件が発生したクラブに向かう。そこで悪霊の火鬼と対決し、抹殺するが、 火鬼の恋人だった水鬼(アレックス・フォン)がそれを恨み、彼らへ復讐をはじめるのだった・・・。

下手をすると、ただのかっこいいアイドルがおふざけ半分で幽霊退治しちゃって、そんな内容でもアイドル目当てのファンが、 劇場におしかけちゃうからOKってな作品になりそうだが、登場人物の設定がしっかり描かれており、退屈になることもなかった。

アクションシーンもプールでのアクションや、悪霊にとりつかれたスティーブン・フォンとニコラスの肉弾戦も見応えがあった。 プールでニコラスが闘った水鬼役は、シドニーオリンピックにも出場した水泳選手で、俳優に転向したアレックス・フォン。ニコラスは このシーンが一番、ツラかったそうだ。

ニコラスが恋心をよせるダニエルに告白するシーン。「君の白い服が好きだなあ。君は水曜日、いつも眼鏡かけてるね。 それは火曜日は夜遅くまでテレビ見てて、コンタクトつけられないからだね。君はアイスクリーム好きだよね。バスがいつも ハーゲンダッツを通り過ぎるとそわそわしてるもん。」・・・まるっきり、ストーカー(笑)。でも、 ニコラスだったらいいって言うんでしょ!かっこいいから!なんて不公平な!(笑)

で、スティーブン・フォンも昏睡状態の女の子が好きになっちゃって、病室に花飾ったり、マッサージチェア買っちゃったりして、 女の子が目覚めたら、「君のボーイフレンドなんだよ。ほら、この写真見て。君が僕を撮ってくれたんだ。」などと言い、 女の子に「自分撮りしてるんじゃない?」と突っ込まれる始末。これも、かっこいいから許されるのね!(笑)・・・でも二人とも やっぱりおかしいと思うわ!(笑)

微妙な細かい笑いがいい。眠っていたフォンをニコラスが脅かそうと幽霊のマスクをして起こしたら、頭、ボッコーンと蹴られて 倒れるんだけど、「大丈夫!ご飯作って!」と言いながら、マスクの鼻のところから血がダラダラでてる・・・。(笑)

ロー・カーイン、このおっさん最高!(笑)コートひるがえしてマトリックスのハゲのおっさん(名前しらん(笑))の真似するんだけど、 全くかっこよくないし、魂となったニコラスに武器をわたすために、紙で剣まではいいんだけど、ハンマーやらロケットランチャー やら作ってるし(笑)(←詳細は作品で・・・)

一番最後の展開は、どうかと思うけど、全般的によくできた作品だと思いました!