ハッピー・キョンシー

おすすめランク 

原題:開心鬼
出演:
レイモンド・ウォン(黄百鳴)
ボニー・ロー(羅明珠)
ロレッタ・リー(李麗珍)

監督:クリフトン・コウ
1984年度作品

ブログ移行で、VHSで観て以来、DVDで久しぶりの鑑賞。

ストーリーは、ロレッタ、ボニー・ローらが、雨宿りした古い寺に、清の時代に首吊り自殺した幽霊(レイモンド・ウォン)が住み着いていて、ボニーが寺から自殺に使ったヒモを持ち帰ったことから、 彼女らと幽霊とのハチャメチャなストーリーが展開されていく。

競技大会で幽霊の力をかりて優勝しちゃったり、付き合ってた男性が、ロレッタの妊娠が分かった途端に、二股かけてた方に逃げようとしたので、幽霊がこらしめたりってネタを展開しながら、 最後は幽霊の力を借りずに、ボニーが自分の力でリレーに勝って、「いやいや、よくがんばった。すごいすごい。」っていう、幽霊コメディモノの王道パターン。

この作品はアイドル映画と割り切ってみないとダメだわ。フジテレビで昭和にやってた「月曜ドラマランド」みたいだし。ボクはボニーもロレッタも可愛いから最後まで観れたけど、ふたりになんの興味もない人は停止ボタン発動だろうな(笑)。

しっかし、幽霊は、電気つけたり消したりとか、超能力ができるって、長年、疑問を持たずに映画やテレビで見てきたけど、ガキの頃の刷り込みだよな。幽霊はいるかもだけど、そんな能力はないだろうに。本作みたいに、霊感がある人じゃなく、特定の個人だけに存在が見えるようにするなんて、都合よすぎ(笑)。

字幕で、間違ってたところ。幽霊(レイモンド・ウォン)が着てる服装は清朝時代のモノなのに、秦ってなってる。こういう間違いはしないでほしい。

ロレッタ・リーが語ったことだが、このシリーズを撮影中、出演した女の子らが、殴り合いのケンカをしてしまって、レイモンドが困り果てたこともあったらしい(笑)。

邦題って、そもそも大間違い。キョンシーっていうのが、どういうのかわかっていないでつけてる。レイモンドが着てるあの服装でキョンシーにしてしまうとは。こうやって、勘違いしたこと、意図的に誤ったことが、修正されないまま、長い年月をかけて、事実にされていくんだよな。

移行前のサイトで、アクセス解析した際、この作品をレビューしたページへのアクセスがやたら多かったんだけど、どうやら、副題のせいだったみたい。本作は「女子高生てんこもり」、続編は「女子高生したいほうだい」っていう副題。・・・いかがわしいことを想像し、アクセスした方々、残念でした(笑)。