ハッピー・ブラザー

 

おすすめランク    

原題:家有囍事
出演:
レスリー・チャン (張國榮)
チャウ・シンチー (周星馳)
マギー・チャン (張曼玉)
サンドラ・ン (呉君如)
レイモンド・ウォン (黄百鳴)
テレサ・モウ(毛舜筠)
ロレッタ・リー (李麗珍)

監督:クリフトン・コウ (高志森) 

1992年度作品

長年、見たい見たいと思っていた幻の作品。DVD化された時はほんとうれしかった!

『シュン家には愛人持ちの長男ルン(レイモンド・ウォン)、おかまっぽい次男ソウ(レスリー・チャン)、そしてラジオの人気DJでプレイボーイの 三男のフン(チャウ・シンチー)がいた。ある日、ムンが酔っ払った勢いで愛人を家に連れてきたことから妻(サンドラ・ン)は家出。ソウは従姉妹で 天敵のション(テレサ・モウ)がきておかんむり、そしてフンは映画にすぐ影響を受けるホー(マギー・チャン)と出会って恋の炎を燃やしていた。 ところがフンが家に違う女を連れ込んだところをホーに見つかり、逃げる途中の事故でフンはおかしな病気になってしまう。それがもとで一家は とんでもない騒動に巻き込まれていくが・・・。』

男たちの挽歌」などの傑作を製作した映画会社シネマシティを設立した一人であるレイモンド・ウォンが新しく立ち上げた映画会社マンダリン・ フィルムの記念すべき一作目。香港で92年の旧正月に公開され大ヒットした。

マギー・チャン、映画の影響受けすぎ!はじめ、マドンナのような格好してたのに「プリティウーマン」「ゴースト ニューヨークの幻」の格好に コロコロ変わってる。「ゴースト」の時の薄化粧のマギー・チャンが自然って感じで素敵。この時、東京ロケやってるけど、このシーンのためだけに 東京まできたの!?ほとんどホテル内しかうつってないけど・・・。

シンチーの必殺“エッフェル塔逆重ね”には爆笑した!あんな状態になるのは、そりゃ女性も初体験だろうから、イチコロ だろうな。

シンチーが、自分を誘って来た女性を振り切るために使った、時計を1分間見る行為とセリフは、レスリーマギー・チャンが共演した 「欲望の翼」のパロディ。

サンドラ、なんでうっすらと髭が生えてるのよ。しっかしブサイクだなぁ!(笑)そりゃ、夫のレイモンド・ウォンもイヤになるわ。 で、レイモンドが愛人を家に連れ込んで、サンドラが家を出て行った後のサンドラの変身ぶりにはびっくりした。しっかし、レイモンドも急に サンドラがきれいになったとたん、手のひらをかえしたようにやさしくなり、一方、家に連れ込んだ愛人に対しては急に冷たくなるし、あんたは 家庭に入れたとたん、変貌するタイプだな。ラストはサンドラとまたよりを戻すけど、サンドラ、用心した方がいいよ!

シンチーがマギーに浮気が見つかり、ロレッタ・リーと3人で睨み合うシーンで流れた曲は“黄飛鴻”のテーマ「将軍令」。その後、マギーと ロレッタに蹴り飛ばされて飛びまくってクルクル回転しまくるシンチーにも笑った。

頭がおかしくなってからのシンチーに爆笑。マギーとのやりとりもおもしろいし、洗濯機に入れられてグルグル回された後、物干し竿に吊るされてる シンチーがやったらおかしかった。マギーもさっさとシンチーを見捨てればいいのに、よほどあの“エッフェル塔逆重ね”がよかったんだろうな。(笑)

おかまのレスリーと男っぽいテレサ・モウのいがみ合いも楽しかった。レスリー、そのケがあるかのような演技だったよな。仕草がほんまおかま。 二人が電気でビリビリビリ!となった後、一瞬、普通の男と女に戻るシーンは爆笑した。その時のテレサ・モウの演技がかわいらしかった。

いやあ、ほんとレイモンド・ウォン製作の旧正月映画は楽しくていいね。見終わった後、幸せな気分になれるわ。