新・片腕必殺剣

おすすめランク    

原題:新獨臂刀 
出演:
デビッド・チャン//ジョン・チャン(姜大衛)
ティ・ロン (狄龍)
クー・フェン(谷峰)
リー・チン(李菁)
チェン・シン(陳星)

監督:チャン・チェ(張徹) 

1971年度作品

ジミーさん主演で人気を博した「片腕必殺剣」シリーズ。ジミーさんはプライベートで起こした不祥事によってショウ・ブラザーズを離れるが、 その後、ゴールデン・ハーベストに移籍した際に勝プロと合作した「新座頭市 破れ!唐人剣」を製作する。ふだんは♪ランラン、ランラン♪ と機嫌のいいはずのショウ・ブラザーズのボス、ランラン・ショウはこれに激怒し、チャン・チェ(張徹)監督に「「片腕必殺剣」を超える 作品を撮れ!」と命じる。これによって、製作されたのが、ショウブラの看板スターとなったデビッド・チャンとティ・ロン共演の、この 「新・片腕必殺剣」である。

江湖で評判の若き双刀の剣士レイ(デビッド・チャン)は、彼の活躍を喜んでいないロン(クー・フェン)の策略による対決に敗れ、 自らの右腕を切り落とし、二度と剣を持たないことを誓う。人知れず町の酒場で働いていた彼は、生きる意味を失い、落ちぶれ果てていた。 だが、そんな彼を救ったのは若き武侠家フォン(ティ・ロン)であった。レイの力を見抜いたフォンは、レイを慕う娘パー・チアオ(リー・チン) を助けたことをきっかけに、二人は熱い友情に結ばれる。しかし、フォンの活躍を快く思わないロンは、悪名高き虎威山荘のチェン(チェン・シン) が主催する武術大会を使ってフォンを呼びだし、濡れ衣を着せたうえで殺害する。それを知ったレイは、親友の復讐と片腕とともに失った武侠家 の誇りを取り戻すべく、単身、敵の元へ向かうのだった・・・。

虎威山荘のある場所が海も見えてほんときれいな場所。こんなところに豪華なセットを組めるとはさすがはショウブラ。

片腕になり、剣を捨て、酒場で静かに働くデビッド・チャンにいじめをする奴らがムカついたな。デビッド・チャンがボコボコにされても 辛抱する姿に「あーーーー、じれったい!!やってしまえ!」と思ってしまった。

ティ・ロンが木に吊るしたロープ1本の上で寝転んでるシーンはなんかかっこよかった。よく、あんな安定感あるよな。

ティ・ロンがクー・フェンの三節昆の技に破れ、両手両足をひもで吊るされ、真っ二つに切られてしまうシーンは残酷だった。 しっかし、ひもで吊るすのは卑怯だよな。

クー・フェンってほんと汚い役。自分の地位を脅かす者が現れたら、濡れ衣着せて、悪者に仕立てあげてやがる。たぶん、今の世の中でも こういう汚いことやって高い地位を保ってる奴っておるんだろうな。

ティ・ロンを殺され復讐に燃えるデビッド・チャンの「仇をとる!仇をとる!!仇をとる!!!」って言うシーン。めっちゃかっこいい!

橋の上での100人斬りのシーンは最高!!!このシーンは何度見たことか!!すごすぎ!!このシーンのすごさを言葉でうまく伝えられないのが もどかしい。もう、早く見ちゃって!!(笑)

デビッド・チャンVSクー・フェンのファイナルバトル。壮絶な闘いの後、二刀流では歯がたたなかったデビッド・チャンが編み出した刀を三本、空中に投げる 技は「やるなー!」と思った。で、最後にクー・フェンの腕を切り落とすシーンは「やったぜ!」と今までの悶々とした気持ちを晴らしてくれて よかった。

ジョン・ウーチャン・チェ監督を師匠と仰いでいるが、この作品の影響は大。男と男の熱い友情、スロー・モーションの使い方、 頂点を極めようとしていた男が負け犬となり、復讐のため、再び這い上がっていくというストーリーは 、ジョン・ウー作品に引き継がれていると思う。

ひさびさに「うおーーー!!!」と興奮し、劇終後、拍手してしまった作品!この作品はほんと傑作!!オススメです!