少林寺三十六房

おすすめランク 

原題:少林三十六房

出演:
リュー・チャーフィー(劉家輝)
ロー・リエ(羅烈)
リー・ホイサン(李海生)
ツイ・シュウケン(徐少強)
ラウ・カーウィン(劉家榮)
ユエン・シャオティエン(袁小田)
トン・ワイシン(唐偉成)
監督:ラウ・カーリョン(劉家良)
1978年度作品

17世紀の中国が舞台。明を滅ぼし、中国全土を制圧しようとしていた清。清の将軍、天達(ロー・リエ)率いる軍隊は、暴行、殺害を繰り返し、民衆に恐れられていた。乾魚問屋の息子、劉裕徳(リュー・チャーフィー)は、 明の再興を目指す地下組織のメンバーである何広漢が開く塾の塾生だった。

劉裕徳は、何広漢から“反清復明”の思想を教えられ、その思想に一生を捧げる決意を固めていた。 ある日、この抵抗運動が天達将軍にバレて、同志たちが次々と捕らえられ、殺されてしまう。そして、 父親も帰らぬ人となってしまうのだった。

劉裕徳は、仇討ちを決意し、そのために武道が必要と考え、少林寺へと向かうことにする。 道中、足に重傷を負いながらも、ようやく少林寺に到着し、少林寺の方丈大僧正に特別に入門を許可され、 “三徳”と命名され、つらい修行の日々が続くことになるのだった。

毎日掃除という1年が過ぎた後、ようやく“三十五房”でひとつひとつ武術を学ぶことが許される。 まずは、水面に浮かんだ丸太の上を渡る「平衡房」。先輩たちはピョンピョン飛んで行くが、 劉裕徳は到底ムリ。ズルして、壁を登って渡ろうとするが、僧侶に突き落とされてしまう。渡らないと飯が食えないという、 ある種、拷問に近い修行。

次に水が満杯に入った桶を両手で運ぶ「臂力房」。両腕に刀をわき腹方向に取り付けているので、腕を下ろしたらブスっと刺さってしまうという これまた痛々しい修行。その他、「腕力房」「眼力房」「頭力房」と次々マスターし、念願だった武術房での修行が 許されることになる。 「拳術房」「腿術房」「刀術房」「棍術房」とこれまた異例の速さでマスターし、劉裕徳は最年少で免許皆伝を 許されるのだった。

劉裕徳は、三十五房のうちいずれかの僧房になることを命じられるが、それを断り、自ら新たに“三十六房”の 創設を要望する。しかし、命令違反として下山を命じられる。

下山した劉裕徳は、若き陸阿采と洪熙官たちに武術を伝授し、ついに天達将軍への復讐を果たすのだった。 そして、少林寺に戻り、悲願の“三十六房”を創設。“反清復明”の思想のもと、部下の育成に励むのであった・・・。

カンフー映画モノの中では、作品のクオリティーがかなり高い。弱小だった少年が、鋼の意志のもと想像を絶する修行の末、 武術の達人となり、悲願を達成するというストーリーはありがちではあるが、メインである修行シーンが他の作品の追随を許していない。

若かりし頃のツイ・シュウケン(徐少強)や、悪役ではないリー・ホイサン(李海生)、「酔拳」のジャッキーの師匠、“蘇乞兒”役 しか知らないユエン・シャオティエン(袁小田)を見れるのも見どころのひとつ(笑)。

リュー・チャーフィー、かっこええなあ!あの鍛えられた肉体に惚れ惚れしてしまう。吹替えの池田秀一さんの声もかなりマッチしてたな。

想像していた以上におもしかった!!劇場で観れた人がほんと、うらやましい!!