香港極楽コップス 俺たちに明日はある!?

おすすめランク 

原題:神勇雙響炮續集
出演:
ユン・ピョウ (元彪)
ローウェル・ロー(廬冠廷)
カラ・ワイ//ベティ・ウェイ(恵英紅)
ルー・シャオフェン(陸小芬)
ディック・ウェイ (狄威)
チョン・プイ(秦沛)
タイ・ポー(太保)
ジェームス・ティエン (田俊)
チュン・ファト(鍾發)
チャーリー・チョウ (曹査理)
ブラッキー・コー (柯受良)

監督:ジョー・チョン(張同祖) 

1986年度作品 

これ、ポニーキャニオンのビデオで観たんだけど、しょっぱなに、ええ声の人が「ゴールデンハーベストがおくる香港エンターテイメント」って言うのをひさびさに聞いたな(笑)。あのオープニング見ると香港映画見るぞーって感じになったよな。

ストーリーはジェームス・ティエン率いる組織が犯した犯罪現場を撮影したネガフィルムのありかを探すっていうもの。 その間に勘違いネタ、騙しネタ、セクハラネタなどどうでもいい(←こう言っちゃダメだろ(笑))80年代香港コメディのパターンが展開していく。

この作品の最大の見ものはユン・ピョウとディック・ウェイのバトル。相変わらず息があってるよな。最後にトドメを一発かましてくれると思ってたけど、 冷凍室バトルで二人が凍っちゃったっていうオチにしちゃったので、ユン・ピョウの決め技が見れなくて残念。冷凍室で半袖だったユン・ピョウがスーツ姿のディック・ウェイの服を破って身につけていくのは笑ったな(笑)。

食肉工場でのバトルだったので、ボスのジェームス・ティエンが吊るされて「うあー!うあー!」ともがきながら、ローウェル・ローにお尻をチェーンソーでチョイチョイと刺されるシーンは笑ってしまった。ブルース・リーと共演していた頃のジェームス・ティエンを見ているだけに、吊るされてる姿が非常にみっともなく感じたな(笑)。

本作の原題が続集となっているが、前作はリチャード・ン、ジョン・シャム主演の「新ポリス・ストーリー Pom Pom」。ややこしいのは、前作がヒットしたため英題である「Pom Pom」のシリーズとして、このコンビのまま、「雙龍出海 (The Return of Pom Pom)」、「智勇三寶 (Mr. Boo Meets Pom Pom)/邦題:帰ってきたMr.Boo!・ニッポン勇み足」、「雙龍吐珠 (Pom Pom Strikes Back!)」って作品が製作されてるのよね。で、本作は原題としては続編扱いになっちゃってる。なんでこんなことになったのか、ちょっと調べてみたけど、揉めたのか、穏便にいったのかはわからんが、何らかの取引があったと推察される(邪推??(笑))。

1作目と本作の製作会社はゴールデン・ハーベストの子会社でサモ・ハンが設立したボーホーフィルム。「Pom Pom」のシリーズとしての2作目以降の製作会社はD&Bフィルム。このシリーズのプロデューサーのサモ・ハン、主演のジョン・シャムがディクソン・プーンと共にD&Bフィルムの設立に関わり、「雙龍出海 (The Return of Pom Pom)」が、設立1作目の作品になっている。D&B設立の際にジョン・シャムがサモ・ハンに「アレの件は、アレにしときますさかい、アレの続き、ウチんところでやらしてもらわへんやろか。たのんまっさー!」とか頼んで、ゴールデン・ハーベストと交渉したと勝手に推察(知らんけど(笑))。普通に考えてゴールデン・ハーベストとしては、将来的にライバルになりえる会社に自社のヒット作の続編を製作してほしくはないわけだしね。なんでストーリーの繋がりもキャストも異なるのに、ややこしくも本作が続集になったのかは、プロデューサーのサモ・ハンに聞いてみたいところ。もしかしたら、ゴールデン・ハーベストから、本作の製作を交換条件にされたのかも。

本作は「ユン・ピョウinポリス・ストーリー」のタイトルで劇場公開された。