ポリス・ストーリー2 九龍の眼

おすすめランク    

原題:警察故事続集
出演:
ジャッキー・チェン (成龍)
マギー・チャン (張曼玉)
トン・ピョウ(董驃)
ラム・コーホン(林國雄)
クリスタル・コオ(郭錦恩)
チャン・ウーロン(張牛郎)
ベン・ラム(林國斌)
ベニー・ライ(黎強櫂)
チュー・ヤン(楚原)
マース (火星)
チャーリー・チョウ (曹査理)

監督:ジャッキー・チェン (成龍) 

1988年度作品

前作でのチュウの逮捕で功績をあげたはずのチェン刑事(ジャッキー・チェン)だったが、署長(ラム・コーホン)や上司(トン・ピョウ)からは、 祝辞どころか逮捕の課程でスラム街やデパートを破壊したことを咎められ、交通課へ異動となってしまった。しばらくして病気を理由にチュウは釈放され、チェンと恋人のメイ(マギー・チャン)は陰湿な嫌がらせをされ始めるのだった。チェンは署長にチュウらの嫌がらせが原因の乱闘騒ぎを責められ、辞職を決断し、メイにバリ島への旅行を提案するのだった。旅行会社に予約に行った帰り、ショッピングセンターに爆破予告の電話が あったことを偶然居合わせたチェンは知るのだった・・・。

ジャッキーが、マギーのおばさんの家から向かいのレストランに行くシーン。かなり交通量の多い道を渡った後、ミニバンに激突するのだが、 地味だけどすごいスタント。

レストランでの眼鏡割られ男(チャーリー・チョウ)たちとのバトルは何度観たかわからん!店内の柵を飛び越えて眼鏡割られ男を殴る時に始まる ポリストBGMのタイミングがこれまた絶妙!

マギーとバリ島旅行に出発しかけで、署長たちに呼び戻されたジャッキー。マギーのパスポートを持ったまま 飛行機降りちゃったから、さあ、大変。マギーが乗ったまま飛行機は出発し、マギーは不法入国者に。 いくらトン・ピョウが連絡しとくって言っても、ジャッキーは最優先で気にかけておかんと。

ジャッキーとトン・ピョウがエレベーターに乗るシーン。下痢気味のトン・ピョウがおならしたのに ジャッキーのせいにしてる(笑)。“下痢ッペ”をエレベーターでして人のせいにしたらダメだろ(笑)。 

バリ島で不法入国扱いされて香港に帰ってきたマギーのブチ切れぶりはすごかった!(笑)。トン・ピョウが下痢排泄中にもかかわらず、 おかまいなしに便所に入っていくシーンはおっかしかったなぁ(笑)。

ジャッキー率いる捜査チームの尾行シーンがハラハラドキドキさせるでもなく、やたら長く感じたので、 VHSでさんざん観た作品だったけど、このシーンは早送りしまくりだった(笑)。

ジャッキーが変装して爆弾の密売人と会うシーン。そこに登場した刑事役が若かりしラウ・チンワン

ジャッキーとマギーが険悪な状態で1日中、公園にいた後、眼鏡割られ男が登場し、水鉄砲から液体を噴射するシーン。 ・・・このシーンを観て、マギーはジャッキーと別れたほうがいいと思ったわ。だって、ほんとの拳銃であっても水鉄砲であっても、 後ろにいたマギーを庇うでもなく、ジャッキーは自分だけ先に避けちゃってる(爆)。

この後の公園でのバトルはいつ観ても興奮するなぁ。近くの公園でジャッキーアクションやりたくなった精通前の男子は数知れず(笑)。

マギーが爆弾魔たちに拉致されて、ジャッキーがそれをチュウの仕業と勘違いしてチュウの家に乗り込むシーン。 ブチ切れしてるジャッキーの気持ちもわからなくもないが、これに関してはチュウは全くの無実なのに手下を殴ったり、 窓や眼鏡を割ったり、ジャッキーやりすぎ(笑)。

爆弾魔たちからの連絡でマギーの監禁場所に向かい、ジャッキーが捕まるシーン。爆弾魔が2人の前でマギーがジャッキーへ書いた別れの手紙を読みあげるシーンは切なかったなぁ。その後、ジャッキーにかんしゃく玉を投げまくるシーンは、「このアパ野郎!!」と子供心に憤りを感じたの を覚えている(笑)。

ジャッキーがトンネルの中で体に付けられた爆弾装置を外すところはハラハラドキドキした!で、無事に外してからの ポリストBGMが流れながらの猛ダッシュ→トラックのコンテナから二階建てバスへのジャンプ→看板よけ→看板突っ込みは、ほんと興奮した!

工場でのジャッキーとアパアパ男のバトル。完全にアパアパ男のほうが優勢で、ほっとんどジャッキーの攻撃は空振りしちゃってる。 負けそうになったジャッキーは卑怯にもかんしゃく玉をアパさん(←知らぬ間にアパさんになってる(笑))に投げまくって勝利。 ・・・ってこのシーン、ジャッキーがお体の不自由な人を「アパ、アパ、アッパ!!!」って完全にいじめちゃってるよな(汗)。

ラスト、工場が大爆破した後、マギーがジャッキーに近寄っていくのだが、なんでラストシーンにもかかわらず、マギーは後ろ姿なんだろうって疑問があった。その長年の疑問が今回観たDVDで解決。恒例のNGシーンが日本公開バージョンと異なっており、マギーが撮影中に負傷したシーンがうつっていた。頭部をケガして服に血が付いていて痛そうだったなぁ。 あれじゃ撮影続行できんわな。で、もう1度観てみると、そのケガをしたシーン以降、マギーの登場シーンは後ろ向きか遠めで顔がよくわからない状態だった。

この作品、エミリー・チュウが第2のヒロインとして撮影まで完了していたのにジャッキーが脚本を全面修正したせいで、全く完成作品には 出演できなかったことを知った時は驚いた。修正前の脚本ではエミリーが“ジャッキー扮するチェン刑事をうまく騙して極秘捜査をすっぱ抜いた ものの、事件に首を突っ込みすぎたために危機に見舞われる記者”という役回りだったそうだ。エミリー、かわいそうだったなぁ。つまらなかった尾行シーンより修正前の脚本の方がよかったんじゃない?

DVDの特典映像でアパさん役のベニー・ライ(黎強櫂)のインタビューが収録されているが、このインタビューが貴重なのかは 観た人の判断にお任せいたします(笑)。