ブラック・マスク

おすすめランク 

原題:黒侠
出演
リー・リンチェイ//ジェット・リー(李連杰)
カレン・モク (莫文蔚)
ラウ・チンワン (劉青雲)
ション・シンシン(熊欣欣)
アンソニー・ウォン (黄秋生)
フランソワーズ・イップ
パトリック・ロン(龍剛)

監督:ダニエル・リー
1996年度作品

心斎橋の劇場でレイトショー公開された際、ワクワクしながら観に行った作品。

ある北方の某国政府は「701部隊」を結成。兵士に痛感神経を取り除く手術を施し、痛みを感じない最強兵士が誕生した。だが、政府は最終的に この実験は失敗と判断。兵士の抹殺を命じた。その兵士の一人にブラック・マスク(ジェット・リー)という男がいた。

香港に逃げ延びたブラック・マスクはチョイと名乗り、図書館員となっていた。チョイの周りには同僚のトレイシー(カレン・モク)や、彼の唯一の友人、 香港警察のシェク警部(ラウ・チンワン)がいた。

ある日、香港4大マフィアが何者かに襲われ、生き残った一人が病院に運び込まれる。彼の胸には時限爆弾が仕掛けられており、それを知ったシェク警部は 配線を切断することを試みる。処理は成功かと思いきや、チョイからシェク警部に電話がかかり、配線を切断した方が爆発すると聞き、全員に退去を命じるが、 時はすでに遅く、多くの死傷者を出してしまう。

事件後、シェク警部はなぜチョイが爆弾のことを知っていたのか疑念を感じ、チョイに問いただすが話をうまくかわされてしまうのだった。香港マフィアが 全滅したことで、カウ(アンソニー・ウォン)率いるグループが利を得るのは明白であったため、シェク警部らはカウの元へ向かう。しかし、カウも何者かに 命を狙われていた。突如、カウを殺すため、集団が襲いかかる。シェクらは応戦するが、撃っても死なない男たちであった。絶体絶命と思われた時、ブラック・マスク が現れ、敵を次々と倒していくのだった・・・。

墓地でのリンチェイとラウ・チンワンのバトルシーンは興奮した!!最後、リンチェイがラウ・チンワンの顔面にパンチしようとして途中で とめたときにブワッ!てラウ・チンワンのほっぺたが揺れたのがなんかカッコよかった。

音楽はツイ・ハークとは長年の友人のテディ・ロビン。「ツインドラゴン」でジャッキーの相棒役だった人ですな。演技はともかく(笑)、音楽は やっぱかっこいいですな!完全にロビンテイスト!

根本的な疑問なんだけど、痛感神経を取り除く手術をして痛みを感じない人間にしたとしても、痛いって感じないだけなわけだから、 出血しまくったらいずれは死んじゃうだろうし、骨折したら不自由になっちゃうだろうし、そんなに最強だとは思えんのだが(爆)。

ブラック・マスクの武器だったCD-R手裏剣はおもろいアイデアだったなあ。すっげー切れ味だったけど、間違えて普通のCD-R持って行っちゃってたら、ブラック・マスクといえども「まちがえちゃったー。」で済まず焦りまくるだろうなあ・・・(笑)。

まあ、ブラック・マスクなんだから仕方がないんだけど、どうもマスクってのがいかがなものかと思うのよね。ほとんどと言っていいほど、 マスクモノって本人がやってない・・というか俳優本人がやるならマスクなんて顔を隠すことしないと思うわけ。だから、どうしても このブラック・マスクにしてもアクションをリンチェイ本人がやっているのかって疑ってしまうわけなんだな。しっかし、カレン・モクもあれだけブラック・マスクといたんだから、いいかげん正体がリンチェイだってわかると思うけど(笑)。

ラストのリンチェイ対パトリック・ロンの対決!このおっさんスッゲー強い!!なんなんだこの人!!だけど、電気攻撃だの毒ガス室だの このおっさんが仕掛けたことが結局は自分に跳ね返ってきちゃって慌ててるのが、すっげえバトルしてるんだけど笑ってしまった。毒ガス 室で酸素を「フゴーー!!」」って吸うリンチェイの顔がなぜか強く印象に残ってしまった(笑)。